ページ29 九州情報サイト メディア政経9

ログイン



カテゴリー
広告PR

新着トッピクスTOPICS
2017年01月06日(金)
カテゴリ:
高島市長流パフォーマンス!?「障害者施設不正受給」事件での「隠し事」

 昨年12月27日、福岡市は障害者福祉施策に関する給付金1億数千万円を不正受給した9事業所の指定を取り消したことを発表したのだが、事情を知るものはこの発表の仕方に首を傾げた。市の“過失”には触れず、あたかも自分たちがその不正を見つけたかのような文言だったからである。その前日、高島宗一郎市長は福岡市政の信頼度が過去最高だったことを満面の笑みで語ったのだが、この事件、その信頼度を落としかねない事件なのだ。

2016年12月27日(火)
カテゴリ:
盆暮れ恒例!匿名記者座談会「工藤会事件」「金塊6億円事件」「博多駅前陥没」などなど(後編)

 福岡を中心に取材を行っている新聞記者の方々にお集まりいただき、新聞には書いていないこと、または書けなかったことなどを語っていただいた。参加者はメディア政経9(以下、メ)と新聞記者A、B、C、Dの4人。

(今年はこれでお休みです。来年は6日からスタートです)

2016年12月23日(金)
カテゴリ:
盆暮れ恒例!匿名記者座談会「ASKA逮捕」、「成宮コカイン疑惑」、「6区補選その後」などなど(前編)

 福岡を中心に取材を行っている新聞記者の方々にお集まりいただき、新聞には書いていないこと、または書けなかったことなどを語っていただいた。参加者はメディア政経9(以下、メ)と新聞記者A、B、C、Dの4人。

2016年12月20日(火)
カテゴリ:
裁判対策!?年の瀬に「工藤会」執行部に新たな動き

 福岡県警の工藤会事件がひと段落つく中、総裁の野村悟被告が関わったとされる事件の審理がはじまったのは11月。その公判で検察側は、証人として元組員を出廷させるなど、野村被告の指示や関与を立証する構えだ。だが、工藤会側としては逮捕されている組員が次々と検察側に寝返るのは防ぎたい。事件の内容のみならず、現在の工藤会本体も丸裸になる可能性があるためだ。その対策として執行部に新たな動きがあったという。

2016年12月16日(金)
カテゴリ:
疑問が多すぎる!福岡「金塊6億円」窃盗事件に乱れ飛ぶ「憶測」

 事件が起きたのは7月。金の取引業者の男ら数人が6億円分の金塊、百数十キロを貴金属業者に転売すべく運搬していたところ、警察官姿の男らに職務質問をされ、目を離したすきに車に運び込まれ盗まれたという。事件のあらましを聞いただけでも疑問がいくつも湧いてくるのだが、この事件、県警は水面下で捜査中だったのに新聞にスッパ抜かれたものだから、捜査員の口は固く、漏れてくる情報が非常に少ない。そのため、様々な憶測が乱れ飛んでいるのだ。

2016年12月13日(火)
カテゴリ:
政治資金収支報告書で見えた「大家参議員」の資金力と野望

 先だって今年も政治資金収支報告書が発表された。収入額は政治家の力のバロメーターになる。1位になったのは九州比例の衆議員、穴見陽一氏。相談役を務めるファミリーレストランチェーン「ジョイフル」などから献金があったようだ。福岡でのトップは安定の麻生太郎副総理で1億5千万円弱。そして2位に躍り出たのが大家敏志参議員。昨年は1億円に届かなかったが今年は1億1240万円を集めたと言うから驚く。この数字を見て、福岡の政界がざわめいている。

2016年12月09日(金)
カテゴリ:
鳩山議員「筑後市に予算は不要」発言が県議会を巻きこむ大問題に発展

 鳩山二郎衆議員の発言の波紋が広がっている。筑後地方南部を流れる花宗川の改修工事の陳情で国交省を訪れた時のこと。地元首長らも同席している中で、担当局長に「選挙の時に邪魔されたので筑後市に予算はつけないで」と発言。これが地元国会議員の怒りを買い、マスコミも動き始め、県議会でも取り上げられる予定だというから大騒ぎである。

2016年12月06日(火)
カテゴリ:
「鳩山議員」がさっそく物議「花宗川改修」陳情での「とんでも発言」

 6区の衆院補選で当選した鳩山二郎衆議院議員。自民党県連を敵に回し、さらに県連会長の長男を圧倒的な力で撃破しただけに、本人は鼻高々に違いない。それがアダとなったのか、国交省との交渉での発言が物議を呼んでいる。なんと選挙の時に敵対した地域を目の敵にして、とんでもない発言をしてしまったという。

2016年12月02日(金)
カテゴリ:
野党共闘「われわれ共産に推薦願いを出すなら」との強気にどうでるか「民進党」

 最近、すっかり下火になった1月衆院総選挙説だが、14日まで延長された国会が再延長になれば、可能性も残されている。選挙になれば、ここ最近進められている野党共闘が行われるのだろうが、その動きは変化しつつある。特に大きく変化しているのが、共産党だ。

2016年11月29日(火)
カテゴリ:
「博多駅前」大規模陥没の復旧工事の内情は「穴」だらけ

11月26日、大陥没した博多駅前の道路が沈下する事態が起きた。午前0時ごろ、約1.5センチを計測し、午前2時40分までの間に最大7センチ程度の沈下が確認されたのだ。約30m四方の穴がわずか1週間で埋められ、その復旧作業は世界で絶賛されたようだが、内実は疑問だらけなのだ。