九州情報サイト メディア政経9

ログイン



カテゴリー
広告PR

新着トッピクスTOPICS
2021年10月15日(金)
カテゴリ:
解散総選挙で注目される「自民党議席」黄色信号が点滅する「福岡の選挙区」

 いよいよ選挙に突入だ。焦点は自公がどれほどの議席を獲得できるかだ。事前調査では岸田内閣誕生に伴う自民党支持の拡がりはほとんどなく、菅内閣ほどではないが、かなり議席減との見通し。ここ福岡でも逆転区がいくつか誕生することは必至である。なかには自民党支持者が逆転を心待ちにしている選挙区があるといわれている。

2021年10月12日(火)
カテゴリ:
「岸田内閣」福岡県出議員たち「副大臣」になれた人、なれなかった人

 岸田内閣誕生にともない、福岡県では3人の副大臣が誕生した。大家敏志財務副大臣、古賀篤厚労副大臣、鬼木誠防衛副大臣。大家副大臣は来年改選を迎える参院2期目の中堅議員、古賀副大臣、鬼木副大臣は衆院の3期生。だが同期で今回、副大臣になれなかった議員が2人。井上貴明議員と藤丸敏議員だ。いったいどこで差がついてしまったのか。

2021年10月08日(金)
カテゴリ:
甘利幹事長にカネの問題!?東京地検に告発された「闇パーティー」

 支持率の低さで船出が危ぶばれている岸田内閣。甘利明幹事長を登用したことで、政治とカネの問題について疑問が噴出している。甘利幹事長は検察が不起訴処分にしたことをもって、この問題を乗り切る構えだが、説明責任を果たしていないとの批判は耳に痛い。しかも、新たな問題が突き付けられることになることが決定的だ。

短命で終わる!?「岸田新政権」の船出が厳しそうなワケ

 風は追い風である。新型コロナウイルスの急速な感染の激減。なしくずし感は否めないがめでたい眞子様の結婚。実力者である安倍・麻生両元首相の「AA」コンビの強力なバックアップの上に岸田総理が誕生したわけだが、不協和音や閣僚のスキャンダルなどで、政界という大海原での航海は荒れそうである。

「岸田新総裁」誕生で分かった「古い政治」が続くワケ

 自民党総裁選は大方の予想通り、岸田文雄元政調会長が勝利した。しかし獲得票数は、事前予想と大きく変わった。議員票についてはマスコミの予想は大外れ。この流れは今後の政治に大きな影響を与えることになる。

二階幹事長が画策するも失敗してしまった「岸田」つぶし

 明日29日の自民党総裁選を控え、高市早苗候補周辺が盛り上がりをみせた。山崎拓元自民党副総裁も「安倍元首相、森喜朗氏が推す高市氏が勢いをもっている。2位になる可能性がある」などと話していたが、これは二階幹事長の画策。しかし、このお目論見は崩れてしまったとうだ。

2021年09月24日(金)
カテゴリ:
「宇久島」世界最大級の太陽光発電所建設は本当に進むのか

 最近、以前から長崎県佐世保市宇久島て予定されていた世界最大の太陽光発電所建設がいよいよ始まりそうだという。計画が発表されたのは2014年6月。この事業は九電工、京セラ、みずほ銀行らが参加する大プロジェクトたったにもかかわらず、殺人事件や怪しげな裁判が起こされるなどで、一向に進まなかったのだが…

2021年09月21日(火)
カテゴリ:
「自民党総裁選」福岡県選出の国会議員の「投票マップ」

 短期決戦の自民党総裁選。派閥の縛りがあまり効かないなか、福岡選出の議員たちは誰を支持しているのか。同期、派閥の領袖、人間関係・・・1票投じる議員に悲喜こもごもをレポートする。

「自民党総裁選」河野氏敗北!?「作戦失敗」で追い風は「岸田氏」に吹いている?

 自民党総裁選が今日、17日に告示された。立候補者は岸田文雄元政調会長、河野太郎ワクチン担当相、高市早苗元総務相、野田聖子幹事長代行の4人。多くの派閥が自主投票となり、混戦模様ではあるが戦況は固まりつつある。あれだけ石破茂元幹事長にすり寄った河野氏が自滅してしまったという風評がしきり。なぜ河野氏はその道を選んだのか。

自民党人気回復で焦る「立憲民主党」が「共産党」にひざまづいたのか!?

 自民党総裁選に耳目が集まるなか、次の総選挙を前に野党各党の焦りがすさまじい。特に菅首相続投なら棚からぼたもちで議席増確実と楽な選挙を決め込んでいた立憲民主党は、体制の立て直しに躍起となっている。その核心は共産党との野党共闘なのだが・・・・

1 / 8012345...102030...最後 »