ページ5 九州情報サイト メディア政経9

ログイン



カテゴリー
広告PR

新着トッピクスTOPICS
2023年12月15日(金)
カテゴリ:
安倍派裏金捜査で刑事罰はわずか数人!?岸田政権は嵐を切り抜けられるか否か

 15日、メジャーリーグ・ドジャーズ球団に入団した大谷翔平選手の記者会見が8時から開かれTV各局はこぞって生中継。これで救われたのが岸田首相をはじめとする自民党執行部。裏金疑惑の報道の量もやや減少。内閣改造についての辛口報道は控えられたことで、西村康稔前経産相も助けられたのだが・・・

検察の追い込みで広がる安倍派内と自民党内の「疑心暗鬼」

 13日の臨時国会会期末を前に、永田町に激震が走った。派閥パーティーでの裏金疑惑が連日報道される中で、標的とされた安倍派出身の政務三役を解任するという案を岸田首相が検討していることが明らかとなったのだ。安倍派出身の大臣、副大臣、政務官は15人を数える。しかも他の派閥にも話が広がりつつあり、安倍派内も分裂状態だとか。

2023年12月08日(金)
カテゴリ:
「元警察官銃撃事件」の犯人は13年経過して逮捕されたワケ

 福岡県警は元警官銃撃事件で7日、道仁会系組長堤修平容疑者以下、3名の容疑者を逮捕したと発表した。堤容疑者は一次、道仁会のNo.2と言われた人物。2018年に道仁会壊滅のために福岡県警が立ち上げた「筑後地区暴力団集中取締本部」があげた成果である。この事案については並々ならぬ努力があった。

2023年12月05日(火)
カテゴリ:
共産党「田村委員長」誕生の布石!?「しんぶん赤旗日曜版」経費削減

 年末を迎え岸田内閣の危機は一層進行している。自民党5派閥の政治資金パーティーをめぐる過少記載と裏金疑惑は、東京地検特捜部の捜査の進行とあいまって、深刻な問題に発展しつつある。この問題を最初に暴露したのは共産党の機関紙「しんぶん赤旗」。だがパーティー券問題を暴いた共産党にも色々な問題が出ているようだ。

2023年12月02日(土)
カテゴリ:
前原新党結成で福岡政界はどう変わる

 かねてから国民民主党から離脱するタイミングを狙っていた前原グループが新党(教育無償化を実現する会)を結成した。顔ぶれはあまり目立たず、人数も6人だけ。さて、この国民民主党の騒動、福岡政界にどう影響するのか。

2023年11月28日(火)
カテゴリ:
「旦過市場再開発」当初予算から爆増した背景

 武内和久市長の愚かな失敗が続く。市長選では敵対候補を支持していた女性の会との会見において、ここだけの話ですが、と来年度予算の中身についてしゃべってしまったというのだ。ミーハー気取りだから女性に囲まれるとニヤついてしまう。そこで議会にも提案していない予算案の中身をつい調子にのって自己暴露してしまったというのだからお粗末きわまりない。そんな市長に降り掛かっているのが旦過市場の再開発問題だ。

2023年11月24日(金)
カテゴリ:
二階派が激怒した「自見大臣」のパーティー券問題の「言い訳」

 最近、自見英子地域創生相・万博担当相の顔色がすぐれない。マスコミからパーティー券問題、パワハラ問題で集中砲火を浴びているからなのだが、釈明が火に油を注いだどころか、二階派も激怒。書類送検もあり得ない事態に発展しつつあるが、東京地検特捜部は派閥の裏金問題にも切り込みそうだ。

総理候補に突如躍り出た女性議員に各派閥がなびき始めた!?

 支持率の低下はすでに危険水域に達し、足元がグラつくどころかガタガタとなった岸田内閣。だが岸田首相はノンビリしたもの。党内にライバルはなく、しかも野党の力も弱い。自分の政権は続くと思っている。だが事情はちょっと変わってきた。従来の首相候補ではない新たな名前が浮上しつつある。

2023年11月17日(金)
カテゴリ:
大家参院議員ハズしでどうなる!?9区問題

 福岡9区については支部長は決めないことを決めた――茂木敏充幹事長は大家敏志参院議員にそう言い放った。これを受けて自民党は福岡9区で次の総選挙では公認候補者を出さないことを宣言したのだ。まさに異例中の異例であるが、気になるのはこの先の展開なのだが・・・

2023年11月14日(火)
カテゴリ:
現場から「総スカン」武内北九州市長の「暴走」がとまらない

 北九州の武内和久市長の暴走が止まらない。その一部を毎日新聞が報道、X(元twitter)で大反響を呼んでいる。武内氏の手法は議会無視。市長と議会という市政の両輪が北九州市では崩壊しはじめている。

広告PR

Back to Back

月別アーカイブARCHIVE