ページ20 九州情報サイト メディア政経9

ログイン



カテゴリー
広告PR

新着トッピクスTOPICS
2017年04月21日(金)
カテゴリ:
「3億8000万円強奪事件」で見えてくる「犯罪天国」の拠点としての「福岡」

 昨年の博多駅で起きた6億円分の金塊強奪事件に続いて、今度は天神で約3億8000万円の強奪事件が起きた。強奪された被害者は東京在住の貴金属店勤務で、引き出したお金は金塊の買い付け資金だったという。またしても金塊――そして逮捕された約7億円を所持していた韓国人グループ。いま、福岡では何が起きているのか、闇の金塊事情と隣国の犯罪に迫る。

2017年04月18日(火)
カテゴリ:
麻生派に寝返った「あの議員」と番頭の「大家議員」の悩みのタネ

 先日の16日、夕方から福岡市内のホテルで、参議院議員大家敏志政経フォーラム2017in福岡が開催された。世耕弘成経産大臣がセミナーの講師を務めるとあって、政財界の有力者や市町村首長、議員など1000名を超える聴衆が参加したが、そこにはあの人の姿も・・・

2017年04月14日(金)
カテゴリ:
高島市長「再議で勝利」を導いた策士は「あの」県議

 福岡空港の新運営会社に出資を求める条例案は再議の結果、否決された。条例案を廃案に追い込みたい高島市長と可決したい自民党市議団の戦いは、高島市長側の勝利で幕を閉じたわけだが、この勝利を演出したのは天野浩市議。だが、この天野市議の裏にはある人物がいたのだ。

2017年04月11日(火)
カテゴリ:
「北朝鮮有事」米国が軍事行動出来ない「ホントのワケ」

 米中首脳会談中に北朝鮮がミサイル実験を行い、さらに米国がシリアを攻撃したことから、一気に緊張状態になった北朝鮮情勢。報道等では連日のように、米国が軍事行動を起こすか否か、もし起こした場合どうなるか、などなど危機感を煽っているが、今、米国が軍事行動を起こす可能性は低い。いや、起こせないといっていい。そこには米国が北朝鮮に被った、ある深刻な被害があるというのだ。

2017年04月07日(金)
カテゴリ:
「粕屋町町議選」麻生派VS反麻生派の雪解けを演出した「宮内議員」の心変わり

 4月16日、任期満了にともない粕屋町町議会選挙が行われる。定数16名に対し、新人を含む19名が立候補、糟屋郡内(7町)の町長、町議会選挙とくれば激しい対立がこれまでは常だったが今回は様子が違う。なんと、武田良太議員の子分的存在で、地元4区選出の宮内秀樹衆議員が同議員とは袂を分かったというのだ。

2017年04月04日(火)
カテゴリ:
「福岡の朝番組戦争」RKBがスタートさせた「29年ぶりの新番組」

 4月の番組改編で、RKBが「天神ウォッチ新聞女子」を午前9時55分から30分枠で放送し始めた。RKBが午前帯の生情報番組を編成するのは実に29年ぶり。明らかに他社の地元情報番組に対抗したもので、老舗RKBが視聴率回復への練りに練った奥の手を繰り出してきたものだが、現場では何やらゴタゴタとしているようなのだ。

2017年03月31日(金)
カテゴリ:
「福岡公明党」のセミナーの顔ぶれで分かる「自公のビミョー空気」 

 3月17日、福岡市内のホテルで、福岡公明党による「春風政経セミナー」が開催された。参加者は約1000名。ここ最近、テロ等準備罪法や東京都議会などで、公明党と自民党の間ではすきま風が吹いているが、それは福岡も同様。このセミナーに集まったメンツを見るとそれが福岡でも自公の間でビミョーな空気が漂っているのだ。いったい何が起きているのだろうか。

「福岡空港問題」再議がどう転んでも「勝算アリ」の「高島市長」

 高島宗一郎市長と市議会がガチンコの戦いを繰り広げている福岡空港の民間委託。市の提案が否決され、議員提案の「活力ある福岡空港づくり基金」が可決されるという異例の事態となっている。当然、これに納得出来ない高島市長は再議を申し立てた。だが、その結果がどうなろうと高島市長には別の手段がある。あの「伝家の宝刀」を抜く用意さえしているという。

2017年03月24日(金)
カテゴリ:
「工藤会事件」地裁が認定した「トップの共謀」の危うさ

 22日、福岡地裁で注目の裁判の判決があった。被告は和田和人元工藤会組員。工藤会トップの関与の有無が焦点となっていたが、判決では関与を認定。工藤会壊滅を掲げてきた福岡県警はそれを聞いて大はしゃぎ。ある捜査員は「これ以上ない判決」とホクホク顔だが、単に運が良かっただけ。そこまで喜べる状況では決してないのだ。

2017年03月21日(火)
カテゴリ:
「森友学園疑惑」で分かった安倍政権の「不安材料」は「昭恵夫人」

 森友学園の籠池泰典理事長の「安倍首相から100万円の寄付金をもらった」という発言で証人喚問があれよあれよと決まった。官邸サイドは、籠池理事長と安倍夫妻の関係については法的問題もなく、証人喚問も乗り切れると自信を持っているが、問題は昭恵夫人の言動だ。官邸もあずかり知らないところで、様々な“口利き”が行われているというのだ。