情報配信サイト|政経メディア9

ログイン



カテゴリー
広告PR

カテゴリ: 北橋健治

2023年01月27日(金)

「北九州市長選」自民党県連が調査に乗り出した「反党行為」とは

 来月5日投開票の北九州市長選、4人の候補者は市内各所で追い込みに入っている。各種調査の結果も少しづつ流れ始め、様々な情報戦が行われているようだが、自民党内に反党行為を行っている者がいるとして自民党県連が調査に乗り出したとか。熱を帯びる選挙戦で一体何が起きているのか。

2023年01月06日(金)

北九州市長選「津森VS武内」差はつまっているか、開いているか検証する

 あと1か月後に迫った北九州市長選。マスコミ各社が本命候補である津森洋介氏の不評が取材の中で拡散している一方、1年以上の長きにわたり、選挙運動を続けてきた武内和久氏の名前が思いのほか浸透している。選挙戦は互角に近いなどと言われているが、実態はどうか。

2022年12月09日(金)

「北九州市長選挙」デマも飛び交い白熱する「津森VS武内」

 来年2月5日投開票が行われる北九州市長選挙だが、自民党が推す元国交省の津森洋介候補の選挙事務所が開設された。しかし、すでに8月に立候補を表明し、活発な活動を繰り広げてきた武内和久候補には相当遅れをとってきた。激化する選挙戦で様々な情報が乱れ飛んでいる。

2022年11月11日(金)

「北九州市長選」武内候補が孤立無援になったのは「中村県議」のせい!?

 前国交省官僚の津森良介氏が自民党市議団を始めとする北九州指揮議会主要会派の出馬要請を受け、正式に立候補することを表明した。自民党福岡県連も津森氏を党推薦候補として、党本部に津森氏を申請することを決定、本命候補と目されることとなる。これに対して、1年にわたり活動を繰り広げてきた武内和久候補はどう立ち向かうのか。

2022年11月08日(火)

「北九州市長選挙」保守分裂が回避されたウラ事情

 10月18日号の本サイトで指摘した通り、北九州市長選挙での保守分裂は回避した。6日の自民党県議団と自民系の北九州市議団との話し合いの結果、立候補を表明していた中尾正幸県議が出馬を断念し、候補者を市議団が推す元国土交通省官僚の津森洋介氏に一本化することとなった。ここに至るウラ話とは。

2022年10月18日(火)

「北九州市長選」水面下の動きで保守分裂は回避される!?

 北九州市長選で市議会主要会派が出馬を要請してきた国交省官僚の津森洋介氏が17日に国交省を辞職、出馬への覚悟を固めたと思われる。来年2月に行われる北九州市長選では、久しぶりに熱い戦いが繰り広げられることになる。

2022年10月07日(金)

「北九州市長選」ついに北橋市長の後継が決まった!?その前兆現象とは

 福岡県の政令指定都市、福岡市と北九州市の市長選挙が目前に迫っている。双方とも本命候補者がいまだ顔を見せず、異様な雰囲気だ。北九州市では国交省の官僚の名前がとりざたされてすでに5か月余。一向に動きがなかったが、北橋市長が6日の定例記者会見で「大詰め」と語り、真打登場が近いことを窺わせた。

2022年09月16日(金)

自民「北九州市長選」で雨降って地固まり津森氏有利?

 来年2月に予定されている北九州市長選をめぐり、北九州市議会各党、各派の調整は進んでいる。とりわけ大きかったのは、北九州自民党市議団と自民の会が合流したこと。これによって自民党が候補者選びのイニシアティヴを握ることが決定的となった。だがこの合流にはさらなる目的がある。

2022年08月26日(金)

「北九州市長選挙」北橋市長、国交省の津森氏に禅譲の内幕

 北橋健治市長が来年2月の市長選で議会主要会派が推す候補が出馬するならば、その候補を支援し、北橋氏自身は出馬しないという意向を表明した。北橋氏の意中の人物は国交省から内閣府に出向し現在、民間資金等活用事業推進室参事官を務める津森洋介氏。津森氏の出馬表明は近日中に予定されている。

2022年08月19日(金)

「北九州市長選」北橋市長は「出馬」か「後継指名」か

 来年2月に迫った北九州市長選。誰もが関心を持っているのが北橋健治市長の5選があるかないか、ということ。しかも5日の定例記者会見で任期満了をもって市長職を辞すると言わなかったことで、マスコミ各社は一斉に「5選に含み」との記事を流した。この北橋会見をいかに受け止めるべきなのか。

1 / 512345