ページ4 九州情報サイト メディア政経9

ログイン



カテゴリー
広告PR

新着トッピクスTOPICS
2017年07月07日(金)
カテゴリ:
お知らせ

本日は、お知らせの通り、勉強会を行いますので、
記事の更新はおやすみさせていだきます。
よろしくお願い申し上げます。

第1回メディア政経9勉強会

 

2017年07月04日(火)
カテゴリ:
「都議選」歴史的大惨敗で注目される「麻生新派閥」と「政界の寝業師」

 7月2日投開票の東京都議会議員選挙は、自民党は歴史的大惨敗となってしまった。獲得議席は改選前の57半減以下の23。40議席切ったら政局になる可能性も囁かれていたが、自民党関係者は「あり得ない」と断言。しかし、執行部への批判が高まることが予想され、これからの政権運営はスムーズにはいかなくなるだろう。事実、8月に行われるであろう内閣改造を見据えて、あの寝業師が動き始めた。

2017年06月30日(金)
カテゴリ:
「小郡現職警官妻殺害事件」で「福岡県警」の対応が批判されるワケ

最近、福岡で大きな事件が頻発している。金塊強奪事件、3.8億円強奪事件、小郡の警察官妻殺し、などなど。懸案の工藤会壊滅作戦を進めながら、こうした事件が頻発していることもあって組織は大忙し。捜査員は額に汗して事件解決のためにフル稼働している。にもかかわらず、対応が批判されているのは一体なぜなのか。

2017年06月28日(水)
カテゴリ:
メディア政経9からのお知らせ

謹啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のお引き立てにあず
かり、ありがたく厚くお礼申し上げます。
さて、メディア政経 9 をはじめて間もなく丸 4 年が経とうとしています。
そこで、あるイベントを行うことになりました。
詳細は以下のリンクを御覧ください。
↓↓↓
メディア政経9勉強会

特にお申込みは必要ありません。
当日、会場に来ていただければ結構です。
ただ、立ち見になる場合もあることをご了承ください。

「都議選予想」加計学園疑惑で自民陥落「都民ファーストの会」が第一党に

 7月2日投開票の東京都都議選だが、自民党の雲行きが怪しい。「加計学園問題は安倍政権の終わりのはじまり」と我々は報じてきたが、まさにそれが現実化しようとしている。そのおかげで、対する“何も決められない”と揶揄される小池百合子都知事率いる都民ファーストの会が都議会第一党となりそうなのだ。そして民進党は消え行く運命に・・・独自に入手した調査結果をもとに、国政の行方を決めかねないこの選挙を占う。

2017年06月23日(金)
カテゴリ:
「小川福岡県知事」麻生副総理激怒でも3期目に向けて「やる気マンマン」?

  無為無策と揶揄されてきた福岡県の小川洋知事だが、昨夏の6区補選で小川知事の行動に関して麻生太郎副総理が激怒。麻生副総理あっての小川知事であるため、3期目は絶望視されていた。ところが、最近の小川知事の行動を見ると続投する気マンマンのようなのだ。

「中間市」福田新市長当選でも喜べない「市議会」の内部事情

 松下俊男前市長死去にともなう中間市長選挙が18日投開票され、無所属で新人の福田健次候補が次点の佐々木晴一候補に3000票弱の差をつけ勝利した。だが、中間市議会は以前から横たわる難題がある。その難題をクリア出来るかどうか。実はそれを解く鍵が得票数なのだが・・・

2017年06月16日(金)
カテゴリ:
与野党間で密かに合意!?「共謀罪法案成立」出来レースで「野党怒号」は茶番か

「共謀罪」の趣旨を含む改正組織的処罰法が6月15日朝、参院本会議で自民、公明、維新などの賛成多数で成立した。国会の委員会採決を飛ばして直接本会議で採決する「中間報告」という「究極の強行採決」ともいうべき手法が取られたが、民進党はこの方法が取られることを了解していたフシがある。

2017年06月13日(火)
カテゴリ:
「加計学園疑惑」総理のご意向文書の再調査ではじまる「官邸VS文科省」第2ラウンド

 東京都都議選を前にこのままでは戦えないと判断した政府は、加計学園問題に関するこれまでの戦略を転換。9日、松野博一文科大臣が「総理のご意向」文書の存否について、再調査を行うと発表した。だが、あくまで存否についての追加調査と言明。どうやら存在は認めるものの勝手に作られたものとするようだ。しかし、官邸VS文科省の戦いはこれで終わらない。第2ラウンドに突入するという。

2017年06月09日(金)
カテゴリ:
「福岡県警巡査部長母子殺人」容疑者の夫はなぜ自分の家族に手をかけたか

 福岡県警に激震が走った――8日、午後5時31分、福岡県警は小郡市の母子殺人事件について、県警本部通信指令課の巡査部長、中田充容疑者を逮捕した。容疑は殺人。具体的な動機についてはまだ判明していないが、中田容疑者周辺を取材すると「ストレスフル」な生活状態が浮かび上がってくる。