ページ3 九州情報サイト メディア政経9

ログイン



カテゴリー
広告PR

新着トッピクスTOPICS
2017年08月11日(金)
カテゴリ:
盆暮れ恒例!匿名記者座談会「森友・加計学園問題」「金塊事件」「県警不祥事」「中洲発砲事件」などなど

 福岡を中心に取材を行っている新聞記者の方々にお集まりいただき、新聞には書いていないこと、または書けなかったことなどを語っていただいた。参加者はメディア政経9(以下、メ)と新聞記者A、B、C、Dの4人。

崩壊寸前「民進党」との共闘に甘い夢見る「共産党」

 東京都議選の時から離党ドミノが続いていた民進党。蓮舫代表が辞任し、ついに噂されていた細野豪志氏も離党し、もはや崩壊寸前の様子だが、ここを好機とばかりに意気込むのが共産党だ。次期選挙で、弱った民進党を“共闘”に巻き込もうというのである。

2017年08月04日(金)
カテゴリ:
ウソばかり?まともに確認出来ないメディアが垂れ流す「日本の海外ニュース」

 北朝鮮のICBM、大陸間弾道ミサイルの発射実験成功で、米トランプ大統領の怒りに触れ、いよいよ米による攻撃が始まるのでは、という危機を煽るメディアが多々見受けられるが、その情報は正しいのか。日本による海外ニュースをよく読むと誤報や誤訳がそのまま垂れ流されているのだ。

2017年08月01日(火)
カテゴリ:
「麻生副総理」政権返り咲きならずとも「キングメーカー」に君臨する

 内閣改造が迫っているが、官邸は相当慎重になっているようだ。なにせ人事で失敗すれば安倍政権に赤信号が灯ってしまうことになるので無理もない。だが、もし仮に安倍政権が保たないという事態になったら・・・麻生太郎副総理の再登板説があるという。いや、再登板がなくてもキングメーカーになるのはほぼ間違いないという。

2017年07月28日(金)
カテゴリ:
「中間市」保守系議員vs革新系議員が奪い合う「議長ポスト」

 福田健次市長の誕生で、新たな途を歩み出すかにみえた中間市。ところがさっそく暗雲が立ち込めてきた。8月10日に開催される市議会だ。市議会議長が決まらず、そのポストをめぐって議会各派の争いが始まったというから穏やかではない。どうやら議長ポストのカギは公明党が握っているというのだが・・・

2017年07月25日(火)
カテゴリ:
「総理の意向文書」藤原元審議官のおかげで「北九州市特区認定」へ吹いた神風

7月24日、25日の両日にわたって、加計学園問題に関する衆参両院での集中討議が行われたが、予想通りの水掛け論。呼び出された官僚たちも「記憶にない」と軒並み健忘症にかかったようだ。だが、それも官僚の仕事のうち。政権に楯突かず、官邸や大物政治家には忖度して自分の株を上げることについては非常に高い能力を発揮する。「総理の意向」文書の中心人物、藤原豊元審議官も北九州でその能力を存分に発揮していたのだ。

2017年07月21日(金)
カテゴリ:
「加計ありき」獣医師会会長のインタビュー記事で「小躍りした議員」「怒った議員」

予算委員会集中審議を前にして、加計学園の獣医学部設置に関する新たな疑惑が浮上している。特区担当の山本幸三地方創生担当相から、政府が決定する2カ月前に、事業者が加計学園になったと日本獣医師会に伝えられた際の議事録が見つかったという。この騒ぎの発端は7月4日の西日本新聞の、自民党福岡県連会長でもある蔵内勇夫日本獣医師会会長のインタビューなのだが、この記事を巡って国政のみならず、福岡県政にも大きな衝撃をもたらした。

2017年07月18日(火)
カテゴリ:
「九州北部豪雨」不満が溢れていたお粗末対応の「自治体」

 大災害となった九州北部豪雨から約10日がたった。いまだに行方不明者の捜索が続けられている状況だが、パニック状態だった当初に比べ、少しずつ落ち着きを取り戻し、復興に向けて動き始めている。だが、当初は朝倉市をはじめ、周辺の村などは混乱の渦に中におり、行政はまったくといいほど機能してなかったという。今、市の体制の不備を非難する声も挙がっているという。

2017年07月14日(金)
カテゴリ:
「九州豪雨災害」復興「小川知事と麻生副総理」急接近で「知事三期目」の望み?

 九州豪雨が残した爪痕は想像を絶するものだった。朝倉市では1時間に129ミリ、24時間の降雨量は約550ミリと観測史上最大となる降雨量を記録し、川から溢れた濁流は村や町、そして人まで飲み込み、死者30名、行方不明者10数名、被災した家屋約700棟という壊滅的な被害を及ぼした。そしてこの豪雨は、皮肉にもこの間疎遠になっていた2人を近づけることになった。麻生太郎副総理と小川洋知事である。

2017年07月11日(火)
カテゴリ:
成行きで元サヤ「反主流派」に属してしまった「宮内議員」の苦悩

 加計学園問題や閣僚、自民党議員の失言などにより安倍政権の支持率は急落。東京都議選惨敗。来年末は期間満了で総選挙が必ず行われるが、これだけ自民党に逆風が吹いていれば同党議員たちも気が気でない。それは分かるが、福岡県内で県連主流派、反主流派の間をウロウロしているのが宮内秀樹議員。そんな彼が行ったパーティーに注目が集まった。