ページ2 九州情報サイト メディア政経9

ログイン



カテゴリー
広告PR

新着トッピクスTOPICS
2020年02月19日(水)
カテゴリ:
「新型コロナ肺炎」日本感染者増加の原因は政府の「観光政策」と「数値目標」?

 新型コロナ肺炎の国内感染が始まって以来陽性患者は増え続け、今や日本人の感染者数は600を超えている。ここまで増えてしまったのは、日本の対応が後手に回ったからにほかならない。実はこうなってしまったのは、政府政策、観光者数目標があったからだという。

2020年02月14日(金)
カテゴリ:
やはり?また?「4月解散説」が急浮上のワケ

「桜を見る会」、IR汚職、そして新型コロナ肺炎の国内感染の始まり。安倍首相のイライラは募る一方。立憲民主党辻本清美議員とのやりとりの最後では、「意味のない質問」とヤジを飛ばし衆院予算委員会はストップ。来週早々にも謝罪することを約束させられた。だが、この姿に「首相が戦闘態勢に入った証。予算成立直後の4月に解散をするかも」との声が永田町では囁かれ始めているとか

2020年02月07日(金)
カテゴリ:
辺野古基地建設「地盤データ改ざん」!?で建設費用は底なしか

 沖縄県の辺野古基地建設問題で新たな問題が囁かれ始めた。防衛省が辺野古の地盤強度データを隠蔽していたというのだ。以前から軟弱地盤の存在が明らかになっていたが、それでも地盤改良工事をすれば大丈夫といわれていた。だが、今回の問題が白日のもとにさらされれば辺野古建設断念につながりかねない。現地沖縄では大慌てだという。

2020年02月04日(火)
カテゴリ:
「県連」に噛み付いて選挙が危うくなりそうな「山本幸三元大臣」

 福岡県連の自民党年次大会を前にまた武田良太国家公安委員長と山本幸三元地方創生大臣が県連執行部に反乱を起こしたという。県連年次大会の日程を決める際に、自分たちに相談がなかったというのがその理由だが、武田議員はいいとして山本議員は県連と関係がこじれて大丈夫なのか、という声があるとか・・・

2020年01月31日(金)
カテゴリ:
欧米が報道!「新型肺炎」は漏れた生物兵器が原因!?

感染の勢いが止まらない新型肺炎。気になるのは2003年に大流行したSARSも今回の肺炎もなぜ中国発なのかだ。欧米のメディアの中には、中国の生物兵器が漏れたのではないかと報じているところもある。武漢には確かに猛毒を扱う施設があるのだが・・・

2020年01月28日(火)
カテゴリ:
北九州「IR誘致断念」のウラの秋元容疑者とアノ御方

 北九州市がIR事業を今回は断念することが決定した。そもそも秋元司前IR担当副大臣が、北九州市のIR事業に深く関わっていたこともあり、IRの誘致は断念せざるを得ないという観測が流れていたが、これを裏付けることとなった。しかもここにきて、秋元だけではなく、お隣11区選出で、とかく噂のある、ある御方の名前も浮上しているとか・・・

2020年01月24日(金)
カテゴリ:
原発関連会社からの賄賂は「玄海町長」の先にも延びるか

 佐賀県玄海町の脇山伸太郎町長が23日会見を開き、福井県の原発工事を手掛ける建設会社・塩浜工業から現金100万円を受領していたことを明らかにした。塩浜工業は、関電への多額の現金・物品贈与で名前があがった高浜町の故森山英二元助役が顧問を務めるなど深く関わっていた会社。突然の九州への飛び火に大慌てしている人たちもいるとか。

2020年01月21日(火)
カテゴリ:
「日本版チョグク」?河井前法相の顔がくもるワケ

 20日通常国会が開幕した。政治と金で国会から姿を消していた菅原一秀、河井克行らは、いずれもカメラの前に顔を出し、謝罪はしたものの、検察の捜査が始まったことを理由に、問題の核心にはまったく触れなかった。なかでも河井克行前法相の顔が曇っていたのは印象的。そのわけは・・・

2020年01月17日(金)
カテゴリ:
福岡5区は「保守分裂」で議席は野党に渡ることになるのか!?

「桜を見る会」やIR汚職の拡がりもあり、総選挙はオリンピック後と推測される。とはいえ今年中に解散があるのは確実。衆院議員たちは正月から支持者回りに余念がない。注目選挙区は鬼木誠VS稲富修二の2区だが、さらにもう一つの選挙区が注目を集め始めた。それは5区だ。

2020年01月14日(火)
カテゴリ:
意気軒昂「麻生副総理」の引退説は消えたか!?

 麻生太郎副総理の新春国政報告会が11日から13日にかけて、地元8区の芦屋、直方、飯塚で開催された。いずれの会場も超満員。飯塚市で開催された国政報告会には、地元選出の県議ならびに首長、議長が全員顔をそろえた。麻生副総理も意気軒昂で、地元マスコミで囁かれていた麻生引退説は・・・