米満・中間市議が霊園疑惑「事実無根」で水巻町議6人を逆提訴 - 九州情報サイト メディア政経9

九州情報サイト メディア政経9 > 福岡県 > 中間市 > 米満・中間市議が霊園疑惑「事実無根」で水巻町議6人を逆提訴
ログイン



カテゴリー
広告PR

米満・中間市議が霊園疑惑「事実無根」で水巻町議6人を逆提訴
2013年11月12日(火)

《無料公開》

 問題の発端は2009年ごろ。同年2月ごろから1年間に渡って、福岡県の中間市議、米満一彦氏が所有する吉田町南5丁目の1万平方メートルの土地を霊園として開発する際、隣接する水巻町有地約8800平方メートルを侵奪したとして、怪文書などが飛び交った。

  これを問題にした水巻町議9人が福岡県警折尾署に告発。2010年10月、米満議員の関係先の家宅捜索が行われ、同年11月末、不動産侵奪容疑に加え、知事の許可が必要な大規模土地開発を無断で行ったとして都市計画法違反容疑でも書類送検された。

  ところが、捜査は難航。約2年に及ぶ捜査の結果、2012年末に嫌疑不十分で不起訴処分になり、この疑惑は終止符を打たれた格好となった。

  しかし、怒りがおさまらないのは当の米満議員だ。

 「不動産侵奪とは、いわば土地を不法に占拠したということですが事実無根です。それは不起訴処分になったことからもお分かり頂けると思います。そもそも、開発時に水巻町の担当者が立ち会っているんです。問題があったらその時に指摘するでしょう。しかし、そういう指摘はなかった。つまりでっち上げということですよ」

  米満議員は今年10月、告発した9人のうち6人の町議を虚偽告訴罪で折尾署に告発したのだ。不起訴処分後、3人の町議は米満議員に謝罪したため残る6人を訴えることにしたという。しかし、なぜこのようなでっち上げが行われたのだろうか。

 「私と知己である水巻町の近藤進也前町長を追い込むためでしょう。町議会は近藤派と反近藤派に分かれています。前回、前々回と、反近藤派が立てた町長候補が敗れたことから、なんとか近藤前町長を追い落としたいわけです。そのため、私の疑惑をでっち上げ、そんな疑惑のある私とつながりのある町長は失格だ、と追い込みたかったのでしょう。警察は反近藤派と結託し、近藤前町長に町有地侵奪の被害届を出させようとしましたが、近藤前町長はクビを縦に振らなかったので、9人の町議を焚きつけて告発状を出させたのです。私は問題があれば警察に対しても平気で苦情や文句を言うので、警察としても私が煙たい存在だったんでしょうね」

  今回の告発は不起訴処分になって約1年も経つが、なぜこの時期だったのか。

 「もう終わったことですから告発するつもりはなかったんです。裁判になったとしても、一度不起訴処分になった案件ですから再び蒸し返したところで、勝てる見込みはないかもしれません。しかし、裁判費用は無駄になってでも、私への嫌疑は不当なもので、自分は潔白だということを内外に示したかったのです。もちろん不起訴が決まった時にすぐにでも行動したかったんですが、近藤前町長に迷惑がかかると思ったんです。その近藤前町長がその座から退くことが分かったので、告発に踏み切ったのです」

  米満議員は、刑事だけではなく民事でも提訴するつもりだという。一旦は、解決を見たこの疑惑であるが、また新たな展開が起きそうである。

記事全文を閲覧するには有料読者登録が必要です。
ユーザーの方はログインしてください。
新規ユーザーの方は有料購読登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
カテゴリー: 中間市, 行政, 霊園疑惑 
広告
過去1ヶ月間でアクセスが多い記事