「三原朝彦」当選危機?「北九州市長選」優柔不断で市議たちが逃げていった - 九州情報サイト メディア政経9

九州情報サイト メディア政経9 > 福岡県 > 北九州市 > 北九州市長選挙 > 三原朝利 > 「三原朝彦」当選危機?「北九州市長選」優柔不断で市議たちが逃げていった
ログイン



カテゴリー
広告PR

「三原朝彦」当選危機?「北九州市長選」優柔不断で市議たちが逃げていった
2014年11月21日(金)

 本日21日、衆議院解散が閣議決定し、来月14日に総選挙の投開票が行われることとなった。選挙まであと1ヶ月とあって衆議員たちは大慌て。福岡では前回と同様、小選挙区では自民が全勝する見方が強かったがここに来て暗雲が立ち込めている選挙区がある。当選6回を誇る三原朝彦氏の福岡9区だ。前回では民主党の緒方林太郎に約3万票の差をつけて圧勝し、比例での議席復活も許さなかったのだ。にもかかわらずいったい何が起きているのだろうか。

記事全文を閲覧するには有料読者登録が必要です。
ユーザーの方はログインしてください。
新規ユーザーの方は有料購読登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
広告
過去1ヶ月間でアクセスが多い記事