情報配信サイト|政経メディア9

ログイン



カテゴリー
広告PR

カテゴリ: 知事選挙

2014年03月25日(火)

行橋の選挙で激化する「自民党」と「公明党」の対立

 いよいよ注目の選挙の投開票日が近づいてきた4月13日の行橋県会議員補欠選挙と4月20日の須恵町長選挙。どんな結果が出ても、福岡県自民党内部における麻生・蔵内連合VS武田という対立関係は解消されず、さらに激化しそうだが、この対立が波及して、自民党VS公明党という新たな構図が生み出されようとしている。一年後の統一地方選挙にむけて福岡県の政界はさらに複雑な様相を孕んできたようだ。

2014年01月07日(火)

都知事最有力候補「舛添要一」が抱えるこれだけの「難題」

 あけましておめでとうございます。これからも日々精進して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 あと約1か月後に迫った東京都知事選挙。新聞やテレビでもその話題で盛り上がっているが、登場するのは舛添要一氏や東国原英夫氏などいつもの顔ぶれで興ざめ。しかもとっくに政界を引退した細川護煕元首相のお名前まで登場するのだから、よほど候補者がいないのだろう。だからか、早々に舛添が最有力候補だと言われ、もはや当選確実の様相を呈してきた。自民党は当選確実な舛添氏に推薦を出すつもりのようだが、そこにはいくつか問題があるようだ。