情報配信サイト|政経メディア9

ログイン



カテゴリー
広告PR

カテゴリ: 浪川会

2017年11月17日(金)

世代交代!?変わりゆく福岡「暴力団」勢力図

 2014年秋の福岡県警による工藤会頂上作戦により、トップの3人をはじめ多くの組員が逮捕。壊滅的な打撃を受け、組織は大きく様変わりしてしまった。しかし、様変わりしたのは何も工藤会だけではない。もうひとつ福岡の大きな暴力団、道仁会や浪川会も大きく変わりつつある。

2016年08月05日(金)

中洲で暴力事件発生で「大規模な暴力団抗争」勃発の危険性

 最近、中洲が騒々しい。7月28日ごろから2人でペアを組んだ警察官が十数組がウロつき、パトカーもメイン通りだけでなく、狭い道までくまなくパトロールしていた。実は、暴力団同士の争いが起きたためだが、この争い、巨大な組織を巻き込む大きな抗争になりかねないだけに福岡県警も厳重に警戒している。一体何が何が起きたのか。

2015年10月23日(金)

ついに九州にも影響を及ぼしはじめた「六代目山口組」VS「神戸山口組」

 日本最大の暴力団山口組が分裂して約2ヶ月。抗争すれば法律や条例を盾に警察に潰されかねないため、大きな事件は起きていないが、双方、他組織への挨拶回りが活発化している。これら“外交”は自らの組織への支持の確認という意味合いが強いと思われるが、そんな中、六代目山口組は九州の暴力団を指して、ある通達を出していたことが判明。そして、つい先日、神戸山口組の幹部数人が福岡に上陸。何やら九州を舞台に双方の組織が蠢いているのだ。

2014年06月13日(金)

「道仁会と浪川睦会」の抗争指定解除で加速する「県警VS工藤会」全面対決

 6月12日、我々が報じた通り、福岡、佐賀、長崎、熊本の各県公安委員会は道仁会と浪川睦会の特定抗争指定暴力団の指定を解除することを決定した。5月中旬に、両団体のトップが県警本部に訪れ、抗争終結の宣誓書を提出したことで、抗争の恐れがないと県警が判断したためだ。これまで禁止されていた事務所の使用や会合なども制限がなくなり、両団体もほっと胸を撫で下ろしているところだろう。しかし、その一方で顔を曇らせている団体がある。工藤会だ。

2014年06月06日(金)

「旧ロハス電力」に見え隠れする「暴力団」の影

  6月4日、浪川睦会系の組長ら3人が詐欺の疑いで福岡県警に逮捕された。詐欺の内容は、容疑者3人が土地の売買仲介手続きを装い、男性(70)から500万円の金員を騙し取ったというもの。容疑者らは、「太陽光発電の会社が土地を探している」と被害男性に近づいているのだが、この「太陽光発電の会社」が旧ロハス電力だと言われている。単にロハスの社名が使われてしまった可能性も否定出来ないが、以前からこの会社には暴力団の影がチラついてる。

2014年05月27日(火)

「道仁会」と「浪川睦会(旧九州誠道会)」合併へ前進

 九州誠道会が浪川睦会という新団体を立ち上げたことで、道仁会との和解は白紙に戻され抗争が激化するのでは、という新聞等の報道があったが、我々、メディア政経9ではそれを一貫して否定。両団体の和解交渉は順調に進み、いずれは合併する、と報じてきたが、それがいよいよ現実味を増してきた。

2014年04月11日(金)

道仁会会長の保釈で始まる「道仁会」と「浪川睦会(旧九州誠道会)」の第二幕

 昨年6月11日、九州誠道会は福岡県警久留米署に解散届けを提出し、道仁会も抗争終結の宣言文を出したものの、これらの文書には両会の浪川政治会長、小林哲治会長の署名もなく、浪川会長の引退に関する言及もなかった。そんな中、小林会長がゴルフを巡る詐欺容疑で逮捕。旧九州誠道会は浪川睦会という新団体を発足させた。本当に抗争は終結するのか不透明なままだったが、今月8日、小林会長が保釈されたことによって両会に動きが出てきたようだ。