情報配信サイト|政経メディア9

ログイン



カテゴリー
広告PR

カテゴリ: 韓国

2019年10月05日(土)

日韓対立で悲鳴を上げる「脱韓国」を図る対馬の現状

 日韓関係の悪化による韓国人訪日客の激減はとどまるところを知らない。8月の韓国人訪日客は、昨年同月より48.%減少した。この影響をもっとも受けているのが、長崎県対馬である。対馬では増加し続けてきた韓国人観光客をあてこみ、日韓両国の投資が活発だっただけに、深刻な事態を生み出している。 

2019年09月06日(金)

「韓国政府」日米牽制で米国は「文在寅大統領」を排除する!?

 韓国、文在寅政権が厚い壁にぶつかってしまった。文大統領が法相に起用しようとしたチョグク氏に疑惑が噴出、今日6日に法相就任に先立って行われる定例の人事聴聞会が大きな焦点となっている。文大統領は予定通りスケジュールをこなし、チョ氏の法相就任を強行しようとしている。はたして今後の日韓関係はどうなるのか。

2017年04月21日(金)

「3億8000万円強奪事件」で見えてくる「犯罪天国」の拠点としての「福岡」

 昨年の博多駅で起きた6億円分の金塊強奪事件に続いて、今度は天神で約3億8000万円の強奪事件が起きた。強奪された被害者は東京在住の貴金属店勤務で、引き出したお金は金塊の買い付け資金だったという。またしても金塊――そして逮捕された約7億円を所持していた韓国人グループ。いま、福岡では何が起きているのか、闇の金塊事情と隣国の犯罪に迫る。

2016年04月12日(火)

「慰安婦問題」は解決しない!韓国国内の「2つの分裂」と「1つの対立」

 明日、4月13日、韓国で総選挙が行われる。昨年末、慰安婦問題で日韓が合意にいたった後のはじめての選挙ということで、選挙結果いかんによっては、慰安婦像の撤去等がないがしろにされかねないため日本政府も注目しているのだが、韓国の政治状況は与党も野党も分裂し、大混乱になているのだ。

2015年11月20日(金)

「慰安婦問題」韓国市民団体「挺対協」活動先細り必至で「沖縄基地問題」に触手を伸ばす!?

 今月2日、日韓首脳会談が行われたが、そこで慰安婦早期妥結の条件として日本側が要求したとされるのがソウルの日本大使館前に設置してある、慰安婦被害を象徴する「少女像」の撤去だ。設置したのは「韓国挺身隊問題対策協議会」(以下、挺対協)。慰安婦問題を解決するために結成された市民団体だが、最近、沖縄の基地反対派とも連携しつつあるという。慰安婦と基地問題はまったく別問題のはずだが・・・

2015年06月16日(火)

韓国の朴大統領が振り上げたものの下ろせなくて困っている「世界遺産登録反対」の拳

 5月4日、ユネスコの諮問機関であるイコモス(国際記念物遺跡会議)が、“明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連施設”として、福岡や長崎など8県・23資産について「世界遺産に登録が適当だ」と勧告した。これに噛み付いたのが韓国。自国民が強制労働を強いられたにもかかわらず、産業革命遺産として美化されるとは何事だ、というわけだ。だが、ここに来てそのトーンに変化が見られる。拳を振り上げたものの、騒ぎが大きくなり過ぎて拳をどう下ろしていいか困っているというのだ。

2014年05月16日(金)

福岡で新商売「違法」に女性を斡旋する韓国の「有名旅行代理店」

 韓国・珍島沖で引き起こされたセウォル号の沈没事故に続き、ソウルの地下鉄でも追突事故が起き、韓国の安全に対する意識の低さを問題視する声が国内外を問わず、日に日に強くなってきた。とりわけ日本では、秋田の2つの高校が韓国への修学旅行を中止を発表。韓国観光公社の発表では、ゴールデンウィークに観光に訪れた日本人は前年比24%も減少したという。韓国での自粛ムードもあるとはいえ、夜の街に賑わいは消え、末端のカラオケ店までリストラを行っているそうだが、商魂たくましいのは、韓国でも有数の女性コンパニオン派遣会社。「客が来ないなら、こちらから」とばかりに、福岡で“春を売る”商売をはじめているという。