情報配信サイト|政経メディア9

ログイン



カテゴリー
広告PR

カテゴリ: 福岡市

2021年04月13日(火)

県議団、市議との関係改善で「政治家の顔」になってきた「服部福岡県新知事」

  11日の投開票の福岡県知事選挙、自民、立憲民主、公明、社民が相乗りで推薦した服部誠太郎氏が、共産支持の元福岡市議、星野美恵子氏に圧勝、初当選を果たした。告示前から結果が分かっていた選挙だけに投票率は低調で29.61%と史上最低記録となった。福岡県では初めての県職員出身の生え抜き知事で、小川氏の任期半ばでの辞任という事態の中で誕生したわけだが、意外にも本格派知事との声が上がり始めた。

2021年03月12日(金)

追悼 山崎広太郎元福岡市長 その陰と陽

 福岡政界を代表する政治家の一人であった山崎広太郎氏が3月11日午前0時11分急逝した。屈託のない笑顔で、市民からは「広太郎さん」と親しまれていた。人の話をよく聞き、市民のための政治を常に心がけた人だった。だが、そんな「陽」の部分だけではなく「陰」もあった。その足跡をたどる。

2020年10月23日(金)

後ろ盾「安倍元首相」辞任でも意気軒昂な「高島福岡市長」の狙い

 安倍前首相の退陣以降、高島宗一郎福岡市長の動きに注目が集まっている。後ろ盾だった安倍元首相の退任に意気消沈と思いきや、むしろ動きが活発化。橋下徹元大阪市長との対談に次ぎ、9月28日には就任直後の菅首相と一対一の昼食会談を実現し、デジタル化を進めるべきと進言するなど、再び存在感を高める演出した。一部マスコミは国政進出の足掛かりをつかもうとしているのでは、とみて市長の意向をつかむことに必死、いったい高島市長は何をめざしているのか。

2020年09月04日(金)

高島市長が熱くなる「国際金融センター」福岡誘致の限りなく低い可能性

 高島宗一郎市長は浮かれていた。9月1日に福岡市内のホテルで行われた市政報告会でのことだ。政府が国際金融センターを大阪と福岡を候補地とすることが発表されていたからだ。「先頭に立ってトップセールスしていきたい」と熱く語る市長だったが、福岡誘致の現実味は限りなく低い。

2020年07月07日(火)

「天神ビッグバン」が頓挫!?テナント誘致がたらい回しで決まらない

 天神の再開発、天神ビッグバン。規制緩和により民間投資を呼び込み、天神各地区では新築、建て替えなど大型ビルの建設が進み、壮大な街が出現する期待を抱かせているが、ここにきてプロジェクトの弱点が大きく浮かび上がってきた。

2020年04月14日(火)

「休業補償」高島市長に先を越されて立場がなくなった「小川知事」

 新型コロナ対策による休業補償が問題になるなか、高島宗一郎福岡市長が休業補償することを打ち出した。「休業補償は国の負担で」と語っていた小川知事。市と県では対応がチグハグで、両者の連携が取れていないことが露呈したが、問題なのは小川知事の対応だ。今月末と来月はじめ県議会が行われる予定だが、小川知事の後手後手の対応が批判されそうだ。

2019年06月22日(土)

大ピンチ!知事選後「兵どもが夢の跡」の鬼木議員

 知事選後の県議会では自民党県議団が代表質問で予定通り、小川洋知事の選挙中の発言を追及。選挙でもたらされた亀裂が回復していないことを強く印象づけた。過去は過去として新しい関係を築きたい知事だが、自民党県議団はそう簡単には許しそうにない。それもこれも小川支援派が自民党県連主流派さまざまな画策を繰り広げているせいだ。

2019年06月19日(水)

「岳議員と「山拓」に仲たがいの真相

 分裂選挙を演じた知事選後とあって、6月議会が注目されているが、「小川与党会派をつくる」という思惑を持っていた知事選反乱軍の岳康宏議員、武藤英治議員は、議会の隅でくすぶっている。しかも岳議員については、親分山崎拓自民党元副総裁との関係もギクシャクしているとか。

2019年05月28日(火)

福岡「市と県」が宿泊税で合意したウラで密かに動いた「県議」たち

 13日、懸案となっていた宿泊税問題が決着した。高島宗一郎市長と小川洋知事がトップ会談を行ったことで合意に至ったわけだが、両者がにらみ合っていたため合意はかなり先だと思われたが、いったいウラで何があったのか。

2019年03月29日(金)

「福岡市議選」高島市長が武内知事候補を推して混乱する「公明党」

 知事選、県議選の話題に埋もれているが、福岡市議選も今回は激戦必至。高島宗一郎市長が自派拡大を目指す中で、各候補とも厳しい戦いを展開している。さらに高島市長が県知事選で武内和久候補を応援すると表明したことから思わぬ問題も。とりわけ頭を悩ませているのが公明党だ。

1 / 812345...最後 »