情報配信サイト|政経メディア9

ログイン



カテゴリー
広告PR

カテゴリ: 福岡県議会

2019年04月16日(火)

「次期県連会長は誰?」名乗りを上げる武田議員とその「好感度」

 福岡県知事選挙で自民党本部、ならびに自民党福岡県連が推薦した武内和久候補が小川洋知事に大敗したことを受け、蔵内勇夫福岡県連会長、麻生太郎最高顧問、大家選対委員長それぞれ辞意を表明した。今後の焦点は、県連会長に誰が座るか。勝ち組を自認する武田良太衆議員が、さっそく県連会長への意欲を示したが・・・

2019年04月12日(金)

「統一地方選」の陰で野望やぶれた「山崎拓」センセイ

 県知事選挙と同日に行われた県議会議員選挙。小川知事に惨敗した武内氏を応援していた自民党は苦戦すると思われたが、46人中40人が当選して増減なし。これに肩を落としたのが小川知事の“後見人”山崎拓センセイ。じつは県議選で大きな野望を持っていたというのだ。

2019年03月26日(火)

「福岡県議選」史上もっとも激戦となる!?「早良区」の仁義なき戦い

 福岡県内の県会議員選挙は半分近くが無投票で当選するが、福岡市内は接戦区が多い。中でも早良区選挙区は、有力4候補がしのぎを削っており、「誰が落ちてもおかしくない」との前評判。各陣営とも知事選そっちのけで有権者の奪い合いになっているという。

2019年03月19日(火)

「福岡県議選」県知事選の分裂の影響で注目を浴びる「中央区選挙区」

 保守分裂になっている福岡県知事選だが、その影響は県議選にも影を落としている。特に中央区。定数は3で、すでに3人の候補が出揃っていたが、自民党が小川知事を応援すると明言した岳康宏議員の公認を取り消し、新たな候補を選出。3つ議席を4人で争うこととなったが・・・

2019年02月15日(金)

「福岡県知事選」山拓センセイの思惑がカラ回りした「VS武内・谷口」への対抗手段

 14日、福岡県知事選に立候補を予定していた元九州大学教授の谷口博文氏は、出馬を断念するかわりに、自民党推薦候補の武内和久氏を支援することを表明した。どうやら、この2人のタッグは麻生渡前知事の演出によるもののようだが、これに対抗した山拓センセイはカラ回りしてしまった。

2019年01月18日(金)

「福岡県知事選」外堀を埋められつつある「小川知事」

 1月15日、中尾正幸県議の新春の集いが小倉北区のリーガロイヤルで開催された。参加者は500名を超え大盛況。前日の麻生太郎副総裁兼財務大臣のパーティーに引き続き、ここにも武内和久氏が登場。中尾県議に紹介され、壇上から挨拶し、聴衆から喝采を受けた。武内氏が地元県議のパーティーに登場するのはこれが初めて。いよいよ自民党福岡県連が武内氏支援で本格的に動き始めた。

2018年12月18日(火)

「福岡県知事選」小川知事が出馬表明を「出馬の思い」と言い換えたワケ

 16日、小川洋知事がようやく3選出馬を表明した。舞台は菅義偉官房長官を招いて開催された西日本政経懇話会の当日。あたかも菅官房長官が自らの後ろ盾であることを宣言するごとく「不退転の決意」で臨むと語った。だが、すぐに「出馬表明ではなく出馬への思い」と言い直した。この違いは何か?そしてなぜ言い直したのか?

2018年12月04日(火)

「福岡県知事選」今月中には決まる!?県知事候補

 12月3日、県知事選などへの対応をめぐり、かねてより注目を集めていた自民党執行部会が開催された。が、統一地方選、県知事選、参院選に向け、選挙対策委員長に大家敏志参議員を決めた以上の動きはなかった。だが、水面下では様々な駆け引きが行われている。

2018年11月09日(金)

「高島市長」出陣式から見えてくる福岡政界の「人間関係」

 18日、福岡市長選が投開票される。候補者は共産党市議団事務局長の神谷貴行氏(48)と高島宗一郎現市長(44)の2人。高島市長は4日の告示日に出陣式を行ったが、そこに参加した顔ぶれを見ると、様々な人間模様が見えてくる。

2018年10月30日(火)

「福岡県議」に高島市長の「あの秘書」が立候補!?

 来春の統一地方選・県議選に向けて、立候補予定者たちは徐々に動き始めた。特に県議現職だった伊豆美沙子氏が宗像市長選に当選したため、欠員が生じ、ここに、なんと高島宗一郎福岡市長の秘書であった木村哲晃氏が手を挙げているというのだ。

1 / 912345...最後 »