情報配信サイト|政経メディア9

ログイン



カテゴリー
広告PR

カテゴリ: 北九州市

2020年02月28日(金)

「すでに決まっていた予算」を陳情しに上京した「小川福岡県知事」

 27日、安倍首相は政府の対策本部で全国の小学校、中学校、高校、特殊学級に関して、春休み前までの休校を要請すると発表、唐突な方針に社会は大混乱。全国各地の首長はそれぞれに見解を発表。なかには怒りをあらわにする知事もいたが、福岡県の小川洋知事は、過急でもない陳情のために福岡を離れ、のんびりと国交省を訪れていたのだ。

2020年02月25日(火)

新型コロナ肺炎蔓延なのに「東京出張」にこの時期に行くのはなぜか

 新型コロナ肺炎の威力がおさまらない中、政府の対応への不満が募っている。福岡市でも2人の陽性が判明。全国でもぞくぞく増えている。政府はもちろんだが、首長の指揮が問われるところだ。ところがこの時期、陳情を優先した首長がいるというのだ。それも福岡県に。

2020年01月28日(火)

北九州「IR誘致断念」のウラの秋元容疑者とアノ御方

 北九州市がIR事業を今回は断念することが決定した。そもそも秋元司前IR担当副大臣が、北九州市のIR事業に深く関わっていたこともあり、IRの誘致は断念せざるを得ないという観測が流れていたが、これを裏付けることとなった。しかもここにきて、秋元だけではなく、お隣11区選出で、とかく噂のある、ある御方の名前も浮上しているとか・・・

2019年12月24日(火)

秋元衆議院議員の疑惑で消えた「北九州IR」計画

 IRに関係して、元内閣府副大臣秋元司衆議員と中国企業との関係が取りざたされて東京地検特捜部から家宅捜索され、10年ぶりの国会議員逮捕か?とマスコミは注目しているなか、思わぬところに飛び火している。北九州市だ。

2019年02月05日(火)

「福岡県知事選」離れ始めた小川支持派 

 武内和久氏が福岡県知事候補として自民党本部、県連の推薦を受けたが、事前の世論調査では小川洋知事の方が圧倒的に支持されていた。これをどうひっくり返すかが武内氏の課題だったが、徐々に流れが変わってきたのか、小川支持派の面々が武内氏支持へシフトしはじめた。

2019年01月25日(金)

「北九州市長選」北橋市長4選果たしても「待ち構える試練」

 27日投開票の北九州市長選挙では北橋健治市長の4選が確実視されているが、この選挙の争点となっているのが、「多選」と「下関北九州道路」だ。北橋市長は、この2つに異を唱えて初当選しているにもかかわらず、これをすべて反故にしている。特に「下関北九州道路」は地元負担金などの問題があるため、選挙後も大きな問題となりそうだ。

2018年12月21日(金)

「北九州市」が差し押さえた「工藤会本部事務所」の使い道

 20日、北橋健治市長が、固定資産税の滞納で工藤会本部事務所の差し押さえを完了したことを明らかにした。とはいえ、北橋市長の市長選へ向けてのプロパガンダの匂いは残ったまま。問題は、売却費用が工藤会に渡ることと、土地が活用されるかどうかだ。

2018年12月14日(金)

「北九州市」が表明した「工藤会本部買買収」の浅はかな「ウラ事情」

 13日夕方、TNC(テレビ西日本)が「北九州市が工藤会本部の買い取りを検討」というニュースを流した。このニュースの真偽をめぐってマスコミは大混乱。福岡県警や工藤会をまきこむ大騒ぎになった。北九州市の意思表明は事実だが、このニュース、何か怪しい。ウラには北九州市長選と北橋市長4選が絡んでいるようだ。

2018年11月16日(金)

「北九州市長選」北橋4選出馬のウラにいた「市議会のドン」

 北橋健治北九州市長が14日、市役所で記者会見し、来年1月に実施される北九州市長選挙に出馬することを表明した。前回、単独推薦していた自民党は今回、新たな候補を探していたが、結局、北橋市長を支援することになった。この陰には北九州のドン、で片山尹市会議員の力があったようだ。

2018年11月13日(火)

バラまかれた「北橋市長と元暴力団」写真の魑魅魍魎

来年早々にも行われる北九州市長選挙で、北橋健治・現北九州市長に関係すると思われる怪文書が出回っている。その文書には、工藤会元組員と酒を飲み交わす写真が掲載されているという。もし、これが事実なら選挙どころか即刻辞職モノなのだが・・・

1 / 512345