情報配信サイト|政経メディア9

ログイン



カテゴリー
広告PR

カテゴリ: 福岡県

2018年10月12日(金)

「北九州市長選」県連が否定した「北橋市長」支持報道

 北橋健治北九州市長が4選出馬の意向を示した、という記事が5日、新聞各紙の朝刊に掲載されたが、一部の報道に、自民党県連がこれを承認したかのような記載があったため、県連は否定。わざわざ声明を発表した。ある意味、誤報となってしまったのだが、なぜこのような報道がされたのか。

2018年10月05日(金)

「高島市長」あり得ないのにヌカ喜びした「大臣登用説」

 高島宗一郎福岡市長が2日、3選出馬を表明。対応が注目されていた最大会派の自民党市議団も支持を決定。有力対抗馬が出てくる気配もなく、3選間違いなしといった様子だが、大臣への登用説もあったため、胸中は複雑だったに違いない。それは出馬表明が2日に行われたことと密接に関係していた。

2018年09月28日(金)

「古賀市長選」またも保守分裂で自民党が警戒する「密約説」「連携説」

 古賀市長選挙が11月25日に行われる。中村隆象市長は「やりきった」として5期目の不出馬を発表。そのため新人同士での戦いが行われる。現在、候補者は、姉川さつき氏、結城俊子氏、奴間健司氏の3人。姉川氏と結城氏は共に保守。そこに奴間氏が食い込むが、もうひとり地元リベラル県議が出馬するという話も浮上。各候補間で密約説、連携説が噂され、すでに混沌としてきている。

2018年09月18日(火)

「粕屋町長選」箱田VS杉野の戦いはなぜこれほど大差がついたのか

 9日に投開票で実施された粕屋町長選挙では、元町課長の杉野公彦氏に2910票の大差をつけて元副町長の箱田彰氏が当選したのだが、接戦といわれていたにもかかわらず、なぜこれほど差がついてしまったのか。どうやら戦略ミスがあったようだが・・・

2018年09月11日(火)

「久留米」大久保市長との仲に亀裂!?本村会頭は失脚するか

最近、久留米市がザワついている。本村康人商工会議所会頭と大久保勉市長との仲に亀裂が入っているという。本村氏は大久保市長の誕生の立役者。二人は昵懇の仲だと思っていたのだが、一体なにがあったのか。どうやら久留米は地殻変動を起こしかけているようだ。

2018年09月07日(金)

「乙金浄水場整備工事」で下請け業者が用意した初耳な「文書」

 福岡市と関係深いの西中洲樋口建設の廃業は建設業界に大きな波紋をよんだが、それもつかの間、あっという間に監督官庁の県は同社に建設業許可を与えた。だが、同社が絡んでいた工事に官製談合の疑惑が囁かれはじめたからか、それを受けて市はJVの組み換えを検討しはじめた。これに困ったのがJVの下請け。なんと「関心表明書」という聞いたこともないような文書を用意しているという。

2018年08月28日(火)

「小川知事」財界の一部から「NO」を突き付けられ混迷する「3選」への道

 福岡政界の意に背いて、3選に向けて着々と地歩を築いてきた小川洋福岡県知事。政界はさておき、とりあえず財界を束ねれば出馬表明ができると踏んでいた。が、その総意を得るべく行われた料亭での会合で異変が起きた。実質上の出馬表明は封印されてしまったのだ。何があったのか。

2018年08月07日(火)

小川知事の背中から「ひょっこり」姿を現した「山拓センセイ」の野望

 最近、山崎拓元副総理が上機嫌だ。なにしろ小川洋知事に頼りにされた知事3選の戦略が思いのほかうまくいっていることにご満悦なのだ。先手、先手を打ち、ついには財界からの支持を取り付けるところまでこぎつけたのだから、鼻高々。これに気をよくした山拓センセイは市長選にまで手を突っ込もうとしているというが・・・

2018年07月31日(火)

「北九州市長選」北橋市長と自民党の「密約」解消で乱立模様

 来年2月に予定されている北九州市長選挙。前回の2015年の市長選では、自民党が対抗馬擁立を検討したものの、すったもんだの末、北橋市長を自民党が単独推薦するという“奇手”で北橋市長が当選したのだが、両者の密約でその奇手は1期限り。ではどうなるかと周囲を見渡せば、あちらこちらに候補が乱立しそうである。

2018年07月27日(金)

福岡市が主導!?暴力事件で廃業した「西中洲樋口建設」が工事を辞退したワケ

 中洲クラブホステス暴行事件で廃業に追い込まれた西中洲樋口建設が、市発注の工事3件から辞退することになった。表向き、西中洲樋口サイドが辞退を申し出た格好だが、内実はダメージを恐れた福岡市の強い意向があったようだ。

1 / 2712345...1020...最後 »