情報配信サイト|政経メディア9

ログイン



カテゴリー
広告PR

カテゴリ: 民進党

2017年06月16日(金)

与野党間で密かに合意!?「共謀罪法案成立」出来レースで「野党怒号」は茶番か

「共謀罪」の趣旨を含む改正組織的処罰法が6月15日朝、参院本会議で自民、公明、維新などの賛成多数で成立した。国会の委員会採決を飛ばして直接本会議で採決する「中間報告」という「究極の強行採決」ともいうべき手法が取られたが、民進党はこの方法が取られることを了解していたフシがある。

2017年02月14日(火)

「共産党」が自信をのぞかせる「野党共闘」の皮算用

 共産党の鼻息が荒い。北九州市議選で擁立した共産党候補10人全員が当選、議席も1増としたことが党内でも評価されているという。先月行われた党大会でも、結党以来はじめて他党が参加するなど、その勢いはますます熱を帯びている。この勢いのまま野党共闘を実現させ、次期衆院選に飛び込みたいと意気込む共産党だが・・・

2017年01月31日(火)

「北九州市議選」開票結果で早くも動き始めた「公明党」「共産党」の駆け引き

 今年初の大型地方選挙として注目を集めた1月29日投開票の北九州市議選。今回は定数が4つ減ることで勢力がどう変わるも焦点になっていたが、フタを開ければ投票率は投票率過去最低だった前回の41.95%を下回る39.20%と最低記録を更新。開票結果で注目すべきは公明党と共産党で、次期衆院選で自民党と民進党に刃を突きつけそうだ。

2016年12月02日(金)

野党共闘「われわれ共産に推薦願いを出すなら」との強気にどうでるか「民進党」

 最近、すっかり下火になった1月衆院総選挙説だが、14日まで延長された国会が再延長になれば、可能性も残されている。選挙になれば、ここ最近進められている野党共闘が行われるのだろうが、その動きは変化しつつある。特に大きく変化しているのが、共産党だ。

2016年11月04日(金)

「野党共闘」の終わりのはじまり?「民進党・共産党・連合」のギクシャクと自民党の横槍

衆院の解散風が吹いているが、気になるのが野党共闘だ。前参院選の1人区で一定の成果をあげた野党共闘だが、今はまったく進んでいない。東京10区、福岡6区の補選では民進党と共産党の足並みがまったく揃わなかった。そこには共産党と民進党、連合と民進党の深刻な対立があるようだ。この対立のスキに自民党は連合との連携を模索し始めてもいる。

2016年07月19日(火)

「参院選」選挙で見えた各党の問題点と「兵どもが夢の跡」

 参院選の評価が割れている。直後の新聞の見出しは、各紙ともに「改憲勢力3分の2獲得」という言葉が踊った。自公の大勝を受けてのことであるが、今回の選挙で与野党の様々な問題点も浮き彫りとなった。各党の選挙結果を受けてどう評価しているのだろうか。

2016年07月12日(火)

「参院選」1位当選確実視されていた「大家候補」が2位に落ちたワケ

 参院選福岡選挙区の結果は、予想通り、自民、公明、民進の候補者が順当に勝ち上がり、党や候補者の支援団体はほっと胸をなでおろしたことだろう。たしかに当選者の顔ぶれは選挙をやる遥か前から予想していた通りにはなったのだが、たったひとつだけ大きな誤算があった。大家候補の2位当選だ。誰もが1位当選だと疑わなかった。一体、今回の参院選で何が起きていたのか、詳しく分析する。

2016年07月08日(金)

「参院選」予想通り?どんでん返し?福岡選挙区の各陣営が抱える「問題」

 いよいよ参院選も大詰め。マスコミ各社も、事前調査をふまえて予測を発表しているが、福岡選挙区では、大家敏志候補(自民)、古賀之士候補(民進)、高瀬弘美(公明)候補が順当に議席を獲得しそうだが、序盤に動きが鈍かった古賀候補が追い上げ、大家候補に迫る勢い。公示前から気合の入っていた高瀬候補は失速気味で、その背中に追い上げるのは柴田雅子候補(共産)だ。古賀候補以外は当初の目論見通りにはコトが進んでいないようで・・・

2016年06月14日(火)

「民主党の舛添」政治資金指摘流用「大島参議員」が出身母体の「立正佼成会」へ宛てた詫び状

 お金の問題で集中砲火を浴びている舛添東京都知事。共産党など野党は即刻辞任すべし、と鼻息が荒い。しかし、拳を振り上げながら、どこか白々しく見えるのが民進党だ。なぜなら、参議員比例選出の大島九州男・民進党議員も政治資金の公私混同が疑われ、収支報告書を訂正しているのだ。しかも、自身の支持団体へすがるような謝罪文を送っており、それが失笑を買ってしまっているというから、舛添知事と何ら変わらない。

2016年05月20日(金)

「参院選」衆参ダブル選挙はやっぱりある!?考えられるこれだけの理由

 ゆく川の流れは絶へずして、しかももとの水にあらず――時は常に移ろいゆくという意味の方丈記の一節だ。
 一度は完全に消えた衆参ダブル選挙。我々もそう分析し、そういう記事を書いている。その上、熊本地震が起き、その対策が最優先になるためダブルは絶対にないと各マスコミも分析していたが、ここ1週間ほどで再びダブル選挙の文字が急浮上してきた。ある国会議員は「ダブルは決定事項だ」とさえ言い切る。しかし、一体なぜ一度は消えたダブル選挙の可能性がここまで高まっているのか。

1 / 212