情報配信サイト|政経メディア9

ログイン



カテゴリー
広告PR

カテゴリ: 宮崎県警

2016年06月07日(火)

「宮崎県ブロガー怪死事件」に新展開「犯人」呼ばわりされた関係者が報道機関を提訴する!?

 遡ること2014年夏、1本の雑誌記事が密かに注目を浴びていた。サンデー毎日の9月7日号の「宮崎・都城発 権力批判ブロガー怪死の闇」という記事で、産廃業者、反社会勢力、参議員の癒着の疑惑を追求していたブロガーが告発直前に怪死したというものだ。この怪死事件は、サンデー毎日だけではなく、他者も取材を進めていたことから、マスコミの間では話題となった記事だった。あれから2年、騒動は終わっていたと思っていたが、まだまだ動いていたのだ。

2014年09月02日(火)

宮崎女性怪死事件のウラで蠢く「県警」「首長」「産廃業者」の疑獄と「福岡県警」

 先月末、サンデー毎日に宮崎県都城市で起きた女性の怪死事件の記事が掲載された。この事件は謎が多く証拠に乏しいため、踏み込んで書けない事柄が多すぎて疑惑に火をつけるまでには至らなかった。疑惑の範疇を超えない以上不用意に書くことは出来ない。それは当サイトとて同じだ。だが、この事件、九州のマスコミだけではなく、東京の雑誌や新聞も注目しており、各社、密かに取材を進めている。疑惑という生易しいものではない。これから記す疑惑がもし事実であるならば「殺人」「汚職」「癒着」など政治と警察がグルになって隠蔽してきたことになるのだ。さらにそこに福岡県警まで加担しているという情報まである。ひとつ事件が弾ければ、これらの疑惑が一気に火を吹く可能性もある。今、宮崎は疑惑の火薬庫となっているのだ。