情報配信サイト|政経メディア9

ログイン



カテゴリー
広告PR

カテゴリ: 事件

2020年03月18日(水)

まさか「新型コロナ対応」が評価?「安倍4選」が囁かれるワケ

 新型コロナウイルスについてWHOはパンデミックを宣言。いまや世界中に蔓延し、G7の電話会談が緊急開催され、世界の協力を確認した。コロナの感染拡大は、コロナ不況をもたらしつつある。日経平均株価は1万6千円台にまで下がりまだ底が見えない状況。ところがこうした非常事態のさなか、また首相の任期延長の話がささやかれ始めた。

2020年03月13日(金)

逮捕されたタクシー運転手暴行「秘書」は武田大臣との関係

 第4次安倍第2次改造内閣でもっとも不安な大臣といわれていた武田良太国家公安委員長。防災担当大臣として台風19号被害にもきめ細かく対応してきたが、ここにきてメッキがはげてきたという噂が。しかもそこに追い打ちをおけるように「秘書」を名乗る男の暴行事件が発生。いったいこの「秘書」との関係は

2020年03月06日(金)

「黒川検事定年延長」への反発と河井前法相・案理夫妻「捜査」

 3月3日、参院広島選挙区選出の河井案理議員の秘書ら3人が広島地検に公職選挙法違反容疑で逮捕され、同時に河井案理議員と夫の前法相河井克行周議員の事務所をはじめ30か所が家宅捜索された。この検察庁の捜査、じつは官邸主導の検察人事に対する強烈な反発の現れなのだ。側近議員の醜聞によって菅義偉官房長官はますます窮地に追い込まれつつある。

2020年03月03日(火)

「新型コロナ」拡大の責任は「和泉―大坪」カップルを信用した菅官房長官?

 まったく収まる気配を見せない新型コロナ肺炎騒動。日本政府の初期対応が誤りだったことはいまや明白だ。インバウンド欲しさに中国からの入国制限を武漢のある湖北省に限ったこともさることながら、菅義偉官房長官の「指揮官選び」も大きな失策だと指摘されている。 

2020年02月28日(金)

「すでに決まっていた予算」を陳情しに上京した「小川福岡県知事」

 27日、安倍首相は政府の対策本部で全国の小学校、中学校、高校、特殊学級に関して、春休み前までの休校を要請すると発表、唐突な方針に社会は大混乱。全国各地の首長はそれぞれに見解を発表。なかには怒りをあらわにする知事もいたが、福岡県の小川洋知事は、過急でもない陳情のために福岡を離れ、のんびりと国交省を訪れていたのだ。

2020年02月25日(火)

新型コロナ肺炎蔓延なのに「東京出張」にこの時期に行くのはなぜか

 新型コロナ肺炎の威力がおさまらない中、政府の対応への不満が募っている。福岡市でも2人の陽性が判明。全国でもぞくぞく増えている。政府はもちろんだが、首長の指揮が問われるところだ。ところがこの時期、陳情を優先した首長がいるというのだ。それも福岡県に。

2020年02月19日(水)

「新型コロナ肺炎」日本感染者増加の原因は政府の「観光政策」と「数値目標」?

 新型コロナ肺炎の国内感染が始まって以来陽性患者は増え続け、今や日本人の感染者数は600を超えている。ここまで増えてしまったのは、日本の対応が後手に回ったからにほかならない。実はこうなってしまったのは、政府政策、観光者数目標があったからだという。

2020年01月31日(金)

欧米が報道!「新型肺炎」は漏れた生物兵器が原因!?

感染の勢いが止まらない新型肺炎。気になるのは2003年に大流行したSARSも今回の肺炎もなぜ中国発なのかだ。欧米のメディアの中には、中国の生物兵器が漏れたのではないかと報じているところもある。武漢には確かに猛毒を扱う施設があるのだが・・・

2020年01月28日(火)

北九州「IR誘致断念」のウラの秋元容疑者とアノ御方

 北九州市がIR事業を今回は断念することが決定した。そもそも秋元司前IR担当副大臣が、北九州市のIR事業に深く関わっていたこともあり、IRの誘致は断念せざるを得ないという観測が流れていたが、これを裏付けることとなった。しかもここにきて、秋元だけではなく、お隣11区選出で、とかく噂のある、ある御方の名前も浮上しているとか・・・

2020年01月07日(火)

「IR汚職」現金受領認めた「下地議員」の表情が明るいワケ

 日本でのIR参入に関して、便宜を図ってもらうべく中国企業から秋元司元内閣府副大臣へ300万円が渡っていたことがわかったが、他にも5人の国会議員5名に100万円づつ渡っていたことが明らかになった。5人のうち現金受領を認めたのは日本維新の会の下地幹郎議員のみ。下地議員は認めたことで、なぜかホッとした表情なんだとか。

1 / 1112345...10...最後 »