情報配信サイト|政経メディア9

ログイン



カテゴリー
広告PR

カテゴリ: 事件

2021年08月20日(金)

公明党「遠山元議員」の捜査次第で「共産党」の支持率が公明党を上回る!?

 総選挙をにらんだ立憲民主党との野党共闘も今一つうまくいかない共産党、さぞかし機嫌が悪いと思ったらウキウキムード。共同通信の比例代表で投票する政党別支持率で公明党5%を上回る5.5%という数字が出たが、支持はもっと上がると予想。なぜなら、公明党に関して悪い材料が出そうなのだ。

2021年07月31日(土)

「緊急事態宣言」時短に従わない飲食店に菅政権の「秘策」

 急激な感染拡大を受け、政府は8月1日からこれまでの東京都、沖縄県に加え、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府に緊急事態宣言を拡大、さらに北海道、石川県、京都府、兵庫県、福岡県にまん延防止等重点措置を発出した。またしても飲食店を中心に時短営業を求めたが、要請に従わない飲食店が増えている。しかし、政府には秘策があるのだとか。

 

2021年07月13日(火)

西村大臣の禁酒策を了承!菅首相必死の「巻き返し」が大批判の嵐

 コロナで再び発出された東京の緊急事態宣言。西村康稔コロナ担当・経済再生担当大臣の金融機関を巻き込んだ飲食店への禁酒策が大問題に発展したが、この背景には菅首相の「作戦失敗」によるイラ立ちと二階幹事長の「菅おろし」があるとか・・・

2021年06月04日(金)

「東京五輪」開催でひと儲けする!?「菅首相」の師匠

 オリンピック・パラリンピックの開幕まで50日を切った。どうやらこのまま開催で突っ走ることにようだが、新型コロナ対策分科会の尾身茂会長が最後通牒とも言える言葉を言い放ったが、それでも菅首相の頭には中止の文字はない。どうやらそこには金の匂いがするのだ。

2021年05月14日(金)

ワクチン「大混乱」現場の慟哭と「なんでもあり」の行状

 高齢者に対するコロナワクチンの接種も始まったが、接種予約が取れず混乱している。神奈川県などでは用意されたワクチン量を100倍も超える申し込みが殺到。電話回線はパンク。ネットも1時間以内に締め切らざるを得ない状況だ。しかもそこでは看過できない事態も生まれている。

2021年03月26日(金)

「暴力団」取締強化で日本は外国人マフィアの餌食?

 コロナ禍のもと非日常が当たり前になってしまった日本。だが警察の総力をあげた暴力団壊滅作戦は休むことなく進む。しのぎの場を奪われ、弱体化した暴力団組織。その頂点に立つのが六代目山口組(以下、山六)。その山六が組織の生残りをかけ日本の暴力団組織の再編に乗り出した。そのためか様々な怪情報が乱れ飛びだした。いったい今、闇社会で何が起こっているのか。

2021年03月06日(土)

「飯塚市子ども3人遺体事件」の父親は「太宰府主婦暴行死事件」の山本被告と夫婦だった

 福岡の粕屋郡篠栗町で起きた「ママ友5歳児餓死事件」連日ワイドショーで報道されているが、その最中、とんでもない情報が飛び込んできた。この報道の前に、飯塚市などで3人の子供が遺体で発見された事件があったが、その父親はなんと「太宰府主婦暴行死事件」の主犯とされ、福岡地裁より懲役22年の判決を受けた山本美幸被告と過去、婚姻関係にあったというのだ。

2021年01月29日(金)

新型コロナ「ワクチン」をめぐって火花を散らす「河野大臣」

 緊急事態宣言発出によって、新型コロナウイルスの感染拡大も少しは抑えられたようである。今後、焦点になってくうのはワクチンだ。だが、このワクチン接種、どうやらそう簡単に進みそうにない。この時期をめぐって、政府部内で対立。これがポスト菅の話と絡んでいるということからことは面倒だ。

2021年01月26日(火)

コロナで菅首相を攻撃?国政復帰が囁かれはじめた「小池都知事」の処世術

 新型コロナウイルスの感染拡大はやや抑えられてきたものの、依然としてステージ4に近い水準であることにはかわりない。この原因は菅首相の後手後手の対応にあるが、その菅首相を追込むために小池百合子東京都知事が動き始めたという。

2021年01月19日(火)

新型コロナ感染拡大のせい!?工藤会No.2「無期懲役」と「未解決事件」

 14日、福岡地裁で市民襲撃事件に関与したとされる工藤会トップ2人に対して検察側の求刑には驚きがあった。トップと認定されている野村悟被告は死刑、NO2の田上不美夫被告は無期懲役というもの。何が何でも野村被告は死刑にするという強い意志は感じるものの、田上被告への求刑が無期となったことには首をひねる向きも多い。じつはここに検察側の狙いがみてとれる。

1 / 1412345...10...最後 »