情報配信サイト|政経メディア9

ログイン



カテゴリー
広告PR

カテゴリ: 事件

2021年03月06日(土)

「飯塚市子ども3人遺体事件」の父親は「太宰府主婦暴行死事件」の山本被告と夫婦だった

 福岡の粕屋郡篠栗町で起きた「ママ友5歳児餓死事件」連日ワイドショーで報道されているが、その最中、とんでもない情報が飛び込んできた。この報道の前に、飯塚市などで3人の子供が遺体で発見された事件があったが、その父親はなんと「太宰府主婦暴行死事件」の主犯とされ、福岡地裁より懲役22年の判決を受けた山本美幸被告と過去、婚姻関係にあったというのだ。

2021年01月29日(金)

新型コロナ「ワクチン」をめぐって火花を散らす「河野大臣」

 緊急事態宣言発出によって、新型コロナウイルスの感染拡大も少しは抑えられたようである。今後、焦点になってくうのはワクチンだ。だが、このワクチン接種、どうやらそう簡単に進みそうにない。この時期をめぐって、政府部内で対立。これがポスト菅の話と絡んでいるということからことは面倒だ。

2021年01月26日(火)

コロナで菅首相を攻撃?国政復帰が囁かれはじめた「小池都知事」の処世術

 新型コロナウイルスの感染拡大はやや抑えられてきたものの、依然としてステージ4に近い水準であることにはかわりない。この原因は菅首相の後手後手の対応にあるが、その菅首相を追込むために小池百合子東京都知事が動き始めたという。

2021年01月19日(火)

新型コロナ感染拡大のせい!?工藤会No.2「無期懲役」と「未解決事件」

 14日、福岡地裁で市民襲撃事件に関与したとされる工藤会トップ2人に対して検察側の求刑には驚きがあった。トップと認定されている野村悟被告は死刑、NO2の田上不美夫被告は無期懲役というもの。何が何でも野村被告は死刑にするという強い意志は感じるものの、田上被告への求刑が無期となったことには首をひねる向きも多い。じつはここに検察側の狙いがみてとれる。

2021年01月15日(金)

小川「福岡県知事」が緊急事態宣言の指定地域を最後まで「拒否」したワケ

 全国的な新型コロナウイルスの感染拡大を受け、福岡県をふくむ11の都府県が緊急事態宣言の対象地域としてなったが、そのさいの小川洋福岡県知事の対応は最低、最悪。無能力、無気力、無感覚、無責任をさらけ出し、日本一酷い知事というレッテルを貼られることになった。

2021年01月12日(火)

方針ブレブレ「コロナ政策」で「菅首相下ろし」が4月補選で起きる?

 菅首相の乱調ぶりが際立ってきた。関西の大阪府、京都府、兵庫県ならびに愛知県から要請されていた緊急事態宣言の発令について、「数日間様子を見てから決める」として、ただちに発令することはないとしたのだ。この後に及んで何を言っているのだ、と批判が集中。どうもイラ立っているようだが、それは菅下ろしが始まっていることとは無縁でないようだ。

2020年08月25日(火)

コロナ感染者を「犯罪者」呼ばわりした「小川福岡県知事」のヒンシュク度

 コロナ対策でもっとも何もしない首長として広くその名が知れ渡った小川洋福岡県知事。今夏の二次感染ともいわれる感染拡大状況のもと、8月5日から「福岡コロナ警戒宣言」なるものを発動したものの、具体的な施策はなかった。だが、宣言発出の効果を謳い上げた20日の記者会見で、小川知事はとんでもない発言をしてしまった・・・

2020年08月21日(金)

秋元議員逮捕で「慌てた」二階幹事長が「幹事長職」から退く?

 秋の政局の目玉は幹事長人事。二階俊博幹事長は今後も居座る気持ちは満々。公明党やポスト安倍をうかがう石破茂元幹事長、参院竹下派などとの連携を密にしてきた。安倍首相も相当な覚悟でのぞまなければならぬ事案である。果たして二階幹事長はどう動くのかに注目が集まるが。

2020年07月31日(金)

新型コロナの「グダグダ会見」で「小川福岡県知事」の周りから人が逃げ始めた!

 新型コロナウイルスの感染拡大がとまらない。30日には小池百合子都知事をはじめ、吉村洋文大阪府、玉城デニー沖縄県知事ら過去最高の感染者数を記録した首長たちがそれぞれ会見を行った。その場では、休業要請、会食を控えることなど具体的な自粛要請が語られた。わが福岡県の小川洋知事も18時30分から会見をおこなったのだが。その内容の空疎さと言ったら・・・

2020年07月17日(金)

「Go Toトラベル」東京除外で「小池都知事」を封じ込めようとした「菅官房長官」

 政府の経済政策の柱、「Go Toトラベルキャンペーン」は4連休にあわせて22日から実施されることになっていたが、コロナの感染拡大が続く東京都が除外されることとなった。これに対して小池百合子知事は猛反発。官邸VS東京都とマスコミははやし立てている。だが、実はことの本質はそこにはない。今後の政局を占うためにも大事なポイントがそこには隠れている。

1 / 1412345...10...最後 »