情報配信サイト|政経メディア9

ログイン



カテゴリー
広告PR

カテゴリ: 世界遺産

2015年10月13日(火)

「山口県」稼働もしていなかった未完の「反射炉」はなぜ世界遺産に登録できたか

 韓国の反対で騒動になったた明治産業革命世界遺産。三菱長崎造船所や富岡製糸場など日本の8エリアが認定を受けたのは記憶に新しいが、あまり知られていないのが、山口県萩市の「反射炉」だ。実はこの施設、一度も稼働するどころか完成すらしていないのだ。にもかかわらずなぜ認定を受けたのか。

2015年06月16日(火)

韓国の朴大統領が振り上げたものの下ろせなくて困っている「世界遺産登録反対」の拳

 5月4日、ユネスコの諮問機関であるイコモス(国際記念物遺跡会議)が、“明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連施設”として、福岡や長崎など8県・23資産について「世界遺産に登録が適当だ」と勧告した。これに噛み付いたのが韓国。自国民が強制労働を強いられたにもかかわらず、産業革命遺産として美化されるとは何事だ、というわけだ。だが、ここに来てそのトーンに変化が見られる。拳を振り上げたものの、騒ぎが大きくなり過ぎて拳をどう下ろしていいか困っているというのだ。