上野組合長・王将社長銃撃事件で福岡県警捜査員に下った「命令」 - 九州情報サイト メディア政経9

九州情報サイト メディア政経9 > 企業 > 王将 > 上野組合長・王将社長銃撃事件で福岡県警捜査員に下った「命令」
ログイン



カテゴリー
広告PR

上野組合長・王将社長銃撃事件で福岡県警捜査員に下った「命令」
2013年12月24日(火)

 また銃による殺人事件が起きた。27日午前7時55分頃、北九州市の漁業協同組合長である上野忠義さんが何者かに銃で撃たれて死亡した。福岡県警は暴力団関係者の犯行と見て捜査しているのだが、ひとつ疑問がよぎる。現在、福岡県警は、暴力団対策のために、他県から“応援部隊”として数百人の警察官が駆けつけているのだ。にもかかわらず、暴力団関係者が絡んでいると見られる犯行はいっこうに減らない。そこで捜査に関わる警察官には上層部からある命令が下ったという。

記事全文を閲覧するには有料読者登録が必要です。
ユーザーの方はログインしてください。
新規ユーザーの方は有料購読登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
カテゴリー: 事件, 暴力団, 王将, 福岡県警 タグ:
広告
過去1ヶ月間でアクセスが多い記事