「須恵町長選挙」激戦が生んだ新たな「火種」 - 九州情報サイト メディア政経9

九州情報サイト メディア政経9 > 福岡県 > 福岡県議会 > 吉松源昭 > 「須恵町長選挙」激戦が生んだ新たな「火種」
ログイン



カテゴリー
広告PR

「須恵町長選挙」激戦が生んだ新たな「火種」
2014年04月25日(金)

 注目を集めていた須恵町長選挙が終わった。結果は現職の中嶋候補が5491票を獲得、対抗馬の長沢誠司候補に1220票の差をつけて勝利したのだが、先日行われた行橋県会議員補欠選挙と同様、麻生太郎VS武田良太、自民党県連本部VS自民党支部・公明党という構図であっただけに、意地と意地のぶつかりあいとなった。熾烈を極めた戦いというのは往々にして禍根を残すものだ。須恵町も同様、新たな火種がブスブスとくすぶり始めたようだ。

記事全文を閲覧するには有料読者登録が必要です。
ユーザーの方はログインしてください。
新規ユーザーの方は有料購読登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
広告
過去1ヶ月間でアクセスが多い記事