修羅の街「中間市」で起きた米満議員襲撃事件犯人の「動機」と「土地の歴史」 - 九州情報サイト メディア政経9

九州情報サイト メディア政経9 > 福岡県 > 中間市 > 修羅の街「中間市」で起きた米満議員襲撃事件犯人の「動機」と「土地の歴史」
ログイン



カテゴリー
広告PR

修羅の街「中間市」で起きた米満議員襲撃事件犯人の「動機」と「土地の歴史」
2016年03月04日(金)

 3月1日、午前10時30分頃、福岡県中間市の中間市役所で、市会議員の米満一彦議員が銃を持った男に殴られ負傷するという事件が発生した。米満議員は知る人ぞ知る人物。その理由は後述するが、そういう人物が襲われたとあって、このニュースは関係者の間で瞬く間に広がったのだ。いったい事件の背景に何があったのか。

記事全文を閲覧するには有料読者登録が必要です。
ユーザーの方はログインしてください。
新規ユーザーの方は有料購読登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
広告
過去1ヶ月間でアクセスが多い記事