「太宰府市長選」推薦候補敗北で公明党が自民党突きつける「仰天要求」 - 九州情報サイト メディア政経9

九州情報サイト メディア政経9 > 政府 > 公明党 > 「太宰府市長選」推薦候補敗北で公明党が自民党突きつける「仰天要求」
ログイン



カテゴリー
広告PR

「太宰府市長選」推薦候補敗北で公明党が自民党突きつける「仰天要求」
2018年02月02日(金)

 太宰府市長選では、自公が木村甚治氏を推薦し取り組んだ太宰府市長選挙が惜敗したが、原因は前号でも触れたが、原田義昭衆議員サイドと木村候補の連携がうまく行かなかったことだ。これに不満を募らせているのが公明党だ。福岡では以前からギクシャクしている自公だが、更に対立がヒートアップしそうで、公明は自民に仰天の要求をするとか。

記事全文を閲覧するには有料読者登録が必要です。
ユーザーの方はログインしてください。
新規ユーザーの方は有料購読登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
広告
過去1ヶ月間でアクセスが多い記事