衆議院選挙「福岡1区」で再燃する麻生VS古賀の代理戦争 - 九州情報サイト メディア政経9

九州情報サイト メディア政経9 > 政府 > 自民党 > 井上貴博 > 衆議院選挙「福岡1区」で再燃する麻生VS古賀の代理戦争
ログイン



カテゴリー
広告PR

衆議院選挙「福岡1区」で再燃する麻生VS古賀の代理戦争
2014年11月28日(金)

 衆議院選挙を目前にして、未だに自民党の公認候補が決まらない選挙区がある。福岡1区だ。井上貴博議員と新開裕司議員の2人は「自分こそが候補者に相応しい」と一歩も引かず、どちらを選挙区の公認候補者とするか県連本部も頭を抱え、結局、党本部にすべてを託すこととなった。とはいえ、そう簡単に決着はつきそうもない。ここまで調整が難航するのも、両者の争いが麻生太郎副総理と古賀誠元幹事長の代理戦争にもなっているからなのだ。

記事全文を閲覧するには有料読者登録が必要です。
ユーザーの方はログインしてください。
新規ユーザーの方は有料購読登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
広告
過去1ヶ月間でアクセスが多い記事