「沖縄知事選」佐喜真氏敗北の原因は「創価学会」の強引手法 - 九州情報サイト メディア政経9

九州情報サイト メディア政経9 > 沖縄 > オール沖縄 > 「沖縄知事選」佐喜真氏敗北の原因は「創価学会」の強引手法
ログイン



カテゴリー
広告PR

「沖縄知事選」佐喜真氏敗北の原因は「創価学会」の強引手法
2018年10月02日(火)

 9月30日、沖縄県知事選挙が投開票され、新しい沖縄県知事にオール沖縄が推した玉城デニー氏が当選した。得票数は玉城デニー氏39万6632票、佐喜真敦氏31万6450票。選挙前は接戦と予想されていたが大差がついた。佐喜真氏は少なくとも36万票は固いとみられていたのだが、その目算はどこで狂ったのか。

記事全文を閲覧するには有料読者登録が必要です。
ユーザーの方はログインしてください。
新規ユーザーの方は有料購読登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
広告
過去1ヶ月間でアクセスが多い記事