特定秘密保護法案は「政界再編」の火種になるか? - 九州情報サイト メディア政経9

九州情報サイト メディア政経9 > 政府 > 特定秘密保護法案 > 特定秘密保護法案は「政界再編」の火種になるか?
ログイン



カテゴリー
広告PR

特定秘密保護法案は「政界再編」の火種になるか?
2013年12月06日(金)

 すったもんだの挙げ句、成立した特定秘密保護法。特定秘密を扱う人の身辺調査をしたり、特定秘密を漏らした人、またはそれを漏らすよう促した人も罰せられることから、報道の自由や表現の自由を奪うものだとして、反対する論調がマスコミにも多く見られる。

 なにが特定秘密になるのかが明示されておらず、拡大解釈される恐れがあり、一歩間違えれば民主主義を殺す“毒薬”となる可能性があるのは確かだ。そして、この法案、その“毒”が強いゆえか、政治家や政党の駆け引きとなっている。

記事全文を閲覧するには有料読者登録が必要です。
ユーザーの方はログインしてください。
新規ユーザーの方は有料購読登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
カテゴリー: 国政, 特定秘密保護法案 
広告
過去1ヶ月間でアクセスが多い記事