広島県警「8500万円」盗難事件「長期化」のウラで流れる「流言飛語」 - 九州情報サイト メディア政経9

九州情報サイト メディア政経9 > 事件 > 8527万円盗難 > 広島県警「8500万円」盗難事件「長期化」のウラで流れる「流言飛語」
ログイン



カテゴリー
広告PR

広島県警「8500万円」盗難事件「長期化」のウラで流れる「流言飛語」
2017年10月13日(金)

 広島県警中央署で、詐欺事件の証拠品として保管されていた現金8572万円が何者かに盗まれた事件があったが、今月8日で事件発生からちょうど5ヶ月を迎える。中央署内で起きた事件であるため、内部犯行の可能性が極めて高いのだが、捜査は難航。すでに迷宮入りとの声も流れているが、それゆえか様々な流言飛語が飛び交っている。

記事全文を閲覧するには有料読者登録が必要です。
ユーザーの方はログインしてください。
新規ユーザーの方は有料購読登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
広告
過去1ヶ月間でアクセスが多い記事